COLONNA E SPORT
こちらは、野球とサッカーを中心とした様々なスポーツについての"スポーツ・コラム・カフェ"です。スポーツ好きな方もそうでない方も、ゆっくりとスポーツ談義は如何でしょうか?


PROFILE
ringhio8
  • Author:ringhio8
  • ringhio8←の由来
    私の好きなACミランのジェンナーロ・ガットゥーゾ選手のアダ名「ringhio(リンギオもしくはリーノ…猛犬の意)」と、彼の背番号8番からです。
    私自身は猛犬とはほど遠いですが…(^^;

    ※エントリーへのコメント、トラックバックは大歓迎ですが、エントリーの趣旨とは無関係のものやアダルト関連のものは削除致しますのでご了承下さい。

    ※相互リンクは大歓迎ですが、一言連絡あると有り難いです┏○))ペコリ
  • RSS1.0


  • CALENDER
    05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -


    RECENT ENTRIES
  • アジア・ウィンターリーグ開催へ(04/03)
  • 球数制限・連投制限導入と日程の改善を(04/01)
  • 【WBC】始めたことに意義あった大会-WBC総括-(03/25)
  • 【WBC】決勝は日本vsキューバに(03/20)
  • 【WBC】「誤審」を引きずるな(03/15)
  • 【WBC】2次リーグ展望-2組-(03/12)
  • 【WBC】2次リーグ展望-1組-(03/12)


  • RECENT COMMENTS
  • 今日もコレクト!(05/01)
  • ken(03/02)
  • ringhio8(02/14)
  • Bee(02/14)
  • ringhio8(02/07)
  • ringhio8(12/13)
  • めろこ(12/11)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 大学情報局:<% rtrackback_title>(10/03)
  • 話題のキーワード:<% rtrackback_title>(10/03)
  • インラインスケートのレス:<% rtrackback_title>(08/24)
  • さらの記録:<% rtrackback_title>(08/04)
  • 大学受験最新ガイド:<% rtrackback_title>(08/01)


  • ARCHIVES
  • 2006年04月 (2)
  • 2006年03月 (14)
  • 2006年02月 (27)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年12月 (4)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (28)
  • 2005年09月 (12)
  • 2005年08月 (30)
  • 2005年07月 (11)


  • CATEGORY
  • トリノ五輪 (24)
  • 野球全般 (22)
  • WBC-野球日本代表 (16)
  • NPB-プロ野球 (23)
  • 千葉ロッテマリーンズ (30)
  • サッカー全般 (3)
  • サッカー日本代表 (9)
  • Jリーグ (4)
  • ジェフユナイテッド千葉 (5)
  • 競馬 (6)
  • 未分類 (11)


  • LINKS
  • Blog di Rosso
  • Bocs Eira~雪の箱
  • JOSYO~サッカーに魅了された者たちへ~



  • ブログ(blog)ならFC2
    人気blogランキングへ
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

    球数制限・連投制限導入と日程の改善を
    3試合で454球を投げた斎藤投手、「奮闘」ではない

    3試合で454球を投げた斎藤投手、「奮闘」ではない

    疲労が奪った制球力 力尽きた早実・斎藤
    第78回選抜高校野球大会 試合日程


    春の選抜高校野球大会、いわゆる「センバツ」が開催されている。
    秋季大会や秋の明治神宮大会、そして希望枠や21世紀枠などを合わせた
    参加全32校が凌ぎを削る大会なのは周知の通り。

    全国から選抜された高校球児達が日本一を目指して戦いを繰り広げ、
    そこには汗と感動を呼び起こす、まさに「球春」の到来…がキャッチコピーのようだ。
    そんな感動をただ楽しんでいる方々に知ってもらいたいのが、
    試合日程と連投から来る投手の疲労と肩の消耗についてである。


    日程についてだが、大会初日の3/23に1回戦を戦った神港学園(兵庫)は、
    2回戦の3/28までに中4日空けられた。これはまあいいだろう。
    しかし3/28に1回戦を最後に戦った秋田商(秋田)の場合は、
    勝ち上がった際の2回戦が3/30となっていた。中1日である。
    先発投手の「肩」を考えると、非常に不公平な日程と言えよう。

    さらに問題にしたいのは、その後の過密日程だ。
    その神港学園はその後中2日で準々決勝(3/31)に挑んでいる。
    秋田商に至っては再び中1日で準々決勝(4/1)を戦う。
    準々決勝は2日間に跨って(3/31・4/1)行われているが、
    2日目の高校は勝ち進めば決勝(4/3)まで何と3連戦となる。
    何よりもこれにおいて指摘したいのは、先発投手の「肩」だ。


    現在、プロでは先発投手は1試合で100球が目安、
    そして中4日か中5日空けるのが望ましいとされ常識となっている。
    投手の肩は消耗品であり、酷使すればするほど回復は鈍くなり、
    故障する度合いが高くなり、そして…手術しなければならなくなる。

    成長期の高校生が1日100球も150球も投げ、中1日、時には連投をする。
    もちろん高野連は大会中も定期的な検診を行っていると言うが、
    プロの常識から言えば明らかに無理・無謀な酷使であることは明白だ。
    甲子園を湧かせたスター投手が、果たして何人プロで活躍できたのか。
    蓄積された疲労が「高校までの投手」を生んでいる可能性はある。

    もちろん、一般生活に支障をきたすほどの大怪我に繋がるわけではない。
    しかし将来のプロの育成、という点も担う学生野球においては望ましくない。
    それとも高野連は、「我々の大会で最高の成績を残してくれれば後はどうでもよい」
    などと言うつもりであろうか。それでは高校生を酷使した金儲けに過ぎない。
    儀礼だの頭髪だの高校生"らしさ"など、教育について言及する資格はない。


    ではどうすれば良いか。そこで提案したいのは、
    先のWBCでもルール化された「球数制限」と「連投制限」である。

    まず球数制限であるが、これは投手について一定の球数を制限し、
    それを超えた時点で"交代しなければならない"という「ルール」である。
    また、連投制限はその球数制限とリンクしたルールで、
    例えば50球以上投げた投手は次の登板まで中4日(空けなければならない)、
    50球以下なら中1日、30球以下なら連投できるが、3連投は不可というもの。

    WBCでは、導入時において日本側が「競技の本質に反する」と猛抗議したが、
    メジャーリーガーの参加を承諾し、特に保険を掛ける上で必要なルールだった。
    結果、投手陣の総合力と、交代のタイミング、その見極めなどが鍵を握り、
    それによって試合展開も左右されスリリングになる、という利点もあった。
    高校野球においては、球数と連投の制限をルール化することで、
    現状では過密日程の問題から、またある程度の"自粛要請"はあるのものの、
    監督の自主判断に委ねられている投手の酷使を防ぐことができる。

    冒頭にリンクを貼った早稲田実業(東京)のエース、斎藤投手の例では、
    1回戦(3/25)に9回を投げ完封、109球を投げている。
    そして中3日で2回戦(3/29)を迎え、ここでは15回を投げ引き分け再試合。
    この試合で斎藤投手が投じた球数は実に234球。
    そして翌日(3/30)の再試合でも先発したが、打ち込まれ67球で降板。
    しかし何と、大差が付き敗色濃厚な6回に再び登板し、44球を投げている。

    斎藤投手がこの3試合で投じた球数は実に454球。
    プロの先発投手ならばおおよそ4試合分、つまり3週間分に相当する。
    さらにうち345球は2日間に投げたもの。これが酷使でなくて何であるのか。
    「力投報われず」や「奮闘した」では済まない問題があるのだ。


    もちろん、一口に球数制限・連投制限導入と言っても問題はある。
    自然と1試合につぎ込む投手の数が増え、さらに連投制限を課されるため、
    多くの投手を必要すること。多くの高校では投手自体が足りなくなるだろう。
    また、1人の優秀な投手がいれば勝ち進めた例も多かったが、
    それがほぼ不可能になること。これはWBCでも指摘された部分である。

    しかし、例えば弱小校の投手の不足などは、近隣の高校と合同チームを
    組むことで解消できる。高校単位ではなく、地域単位のチームになればよい。
    また過密日程は、大会形式を改めればいくらでも改善できる。
    春は32校、夏は49校が甲子園に集うが、もっと減らしてもいいのではないか。

    例えば予選をトーナメントの一発勝負ではなく、実績別の多部制にして、
    リーグ戦形式にする。高校サッカーの県リーグなどは、この形にシフトしている。
    そして地区予選を勝ち上がった16校(地域チーム)程度で全国大会をやればいい。
    これは改修され、内野を天然芝にするか否かと言われている甲子園の
    芝のコンディションにとっても、もちろん選手にとっても良いことだと思う。


    ただ最後に、高野連にはその意思は無いであろう、と付け加えておきたい。
    センバツを主催する毎日新聞社、夏の大会を主催する朝日新聞社、
    そして全国中継をするNHK、全てがこの「高校野球利権」に浸かっている。
    今さら大会の規模を縮小することは自分で自分の首を絞めるようなものだ。

    また、それに"慣らされてきた"ファンや観客にも責任の一端はあるだろう。
    願わくば、球児達の肩・体が無事であることを祈りたい。

    スポンサーサイト
    【2006/04/01 12:29】 野球全般 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    WBCの1次リーグが開催中ですが
    1日毎に経過と結果を載せるはずが、
    もう明日で1次リーグのプールB~Dが終わります(汗)
    2次リーグに進出する8ヶ国中7ヶ国は既に決まり、
    明日のアメリカvs南アフリカ戦の結果次第で8ヶ国が出揃います。

    1次リーグの総括と2次への展望を、明日のお昼頃にはエントリーします。

    Jリーグももう既に第2節で、書く方が追いつきませんね…。
    【2006/03/10 16:56】 野球全般 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    【WBC】日韓対決は韓国が日本を下す
    満塁HRを放った台湾のチェン・ユンジ

    満塁HRを放った台湾のチェン・ユンジ

    8回表に逆転の2ランを放ったイ・スンヨプ

    8回表に逆転の2ランを放ったイ・スンヨプ

    チャイニーズタイペイ、中国に快勝で3位決定!
    日本、韓国に敗れ2位

    WBC、プールAの最終日、台湾vs中国、韓国vs日本戦が行われ、
    それぞれ台湾、韓国が勝利した。台湾は3位、中国は全敗となった。
    韓国は日本を下し全勝、1位での2次ラウンド進出となった。


    共に2次ラウンド進出を果たせなかった台湾vs中国戦は、
    台湾はパン・ウェイルン、中国は長身エース、ワン・ナンの先発。
    台湾は3回表に先制すると、4回表にはチェン・ユンジがレフトへ満塁HR。
    その後も着実に追加点を挙げた台湾が、12-3で圧勝した。
    中国は投手陣が総崩れ、6回裏にワン・ウェイが2点タイムリーを放つが、
    7回裏の2死満塁のチャンスに4番のザン・イーフォンが凡退で万事休す。
    3試合連続の2桁失点、全敗でWBCを終えることになった。

    「アジア1位」の座を賭けて行われた韓国vs日本戦は、
    韓国がロッキーズのキム・ソンウ、日本はサブマリン渡辺俊介が先発。
    日本は松中の内野安打、川崎のソロHRで2点を先制するも、
    4回2死満塁での西岡のライトへの当たりはイ・ジンヨンがスーパーキャッチ。
    すると韓国は5回表に犠飛で1点を返し、8回表には1死1塁から
    イ・スンヨプがライトへ2ランを放ち逆転。最後はパク・チャンホが抑えた。
    韓国は全勝でA組1位、日本は2位で、共に2次ラウンドへ向かう。

    両国が参戦する2次ラウンド1組は、アメリカ西海岸のアナハイム、
    エンジェルススタジアムにて、3/12に開幕する。
    また、1次ラウンド残りのB、C、D組は、7日から10日かけて行われる。

    【2006/03/06 01:02】 野球全般 | TRACKBACK(1) | COMMENT(0) |

    「センバツ」の選考方法
    出場32校が決定!第78会選抜高校野球大会
    http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/hs/06spring/index2.html
    センバツ:「地域との連携」などポイント 21世紀枠選
    http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/ama/news/20060201k0000m050063000c.html


    夏の全国高校野球選手権と並ぶ、「春」の大会であるセンバツ。
    正式には選抜高校野球大会で、高野連と毎日新聞の共催である。
    今年は3/23から12日間に渡って、もちろん甲子園球場で行われる。
    その出場32校が決定した。主催者が「選抜」したわけだが…。


    選抜高校野球大会の出場校は選考委員会によって定められ、
    基本的には前年の秋季各都道府県大会・地域大会(全国で10ブロック)の
    成績が、出場校並びに補欠校の選考資料・選考の判断材料となる。
    32校中、28校(と補欠校)をこの前年の秋季大会の成績で選ぶ。

    しかしこの選考には大いに疑問を呈したい。
    もちろん、同程度(と思われる)実力・実績の2校の択一となった時に、
    どちらを選出するかの判断やその理由付けは難しいだろう。
    また、基本的にこの委員会の選考は密室選考であり、
    主催者が独断と偏見と主観で選考していると言っても過言ではない。
    その独断と偏見(と一貫性の無さ)は選考理由に垣間見える。

    例を挙げると、中四国ブロックは5枠で、秋季中国大会の優勝・準優勝校、
    秋季四国大会の優勝・準優勝校の計4校が順当に選出された。
    残る1枠は、それぞれベスト4だった南陽工(山口)と済美(愛媛)が争ったが、
    「エース・仲野の変化球にキレがある」という理由で南陽工に決まった。
    選考委員会には、"変化球のキレ"の定義を説明して頂きたい所である。


    さらに問題なのは、2001年の第73回大会から設けられた「21世紀枠」と、
    2003年の第75回大会から設けられた「希望枠」の2つである。

    「21世紀枠」は、各都道府県の秋季大会のベスト8程度のチームから、
    "部員不足や離島などの困難を克服したり、もしくは地域への奉仕活動など
    社会貢献をした高校など、他校の模範となるような高校"を、
    各ブロックから1校ずつ推薦。それを東日本・西日本と分けた上で
    それぞれ1校ずつ、2校選出するというものである。

    全く以て馬鹿馬鹿しい。高野連のお偉いさんは何を考えているのか。
    部員不足や気象条件、離島などは野球の実力や実績とは無関係である。
    「それらのハンデにも関わらずベスト8の実力があるということは、
    ハンデが無ければ甲子園に出場できるのだ。だから選出に値する」
    と言っているわけだ。何ともナンセンスな話で、悪しき平等主義の表れである。

    今回この21世紀枠で選出されたのは真岡工(栃木)と金沢桜丘(石川)だが、
    まず真岡工の選出理由は"地域ぐるみで選手育成に取り組んでいる"とのこと。
    「ハンデ克服」が選考対象なのに、地域の全面的な支援や協力で
    選手育成という強化に取り組んでいる高校を選出とは著しく矛盾している。

    むしろハンデ克服だ、などと根性論的な選出理由はやめて、
    「これからは学校の売名ではなく、高校の部活も地域のクラブチームとしての
    役割を担うのが理想。野球の普及や選手育成のモデルケースとして奨励する」
    といって真岡工を選出してくれた方が、よっぽど筋が通っている。

    金沢桜丘に至っては、"高いレベルで文武両道を維持している"だそうだ。
    文武両道ということ自体は評価し推奨すべき対象ではあるが、
    野球の全国大会の出場理由に"勉強も熱心だから"とは呆れてしまう。
    こうした高校が競合したら、今度はその勉強の点数で決めるつもりだろうか?

    また、昨年から相次いでいる不祥事を受けて、
    模範的な高校を選出したいという意向が働いたようだが、
    不祥事があったからその逆を奨励する、という受動的且つ一貫性の無い
    やり方は如何なものかと思う。模範的な高校は別途に表彰すべきで、
    日本一を争う全国大会の貴重な32枠を埋める出場理由にすべきではない。


    また「希望枠」は、守備力を被塁率、与四死球、失点、失策数など4項目を
    ポイント制にして評価し、総合的に優れた1校を選出するものである。

    これも何ともナンセンスだ。そもそも守備力だけを評価する時点で間違っている。
    そもそも、「失策」という指標は記録員の主観であり、真に公平な記録ではない。
    プレーに関与しない、もしくは消極的であれば、失策は0になるのである。
    果たしてそれが「守備力」の評価対象となり得るのだろうか?
    せめて守備率とすべき所だろうが、それすら知らないのかもしれない。

    野球はどれだけ守備が悪かろうが、相手より多く点を取れば勝ちというスポーツだ。
    10失点しようと勝つこともあり、1失点でも負けることもあるのである。
    そういう意味では、評価の対象になり得るのは失点(率)くらいなものである。
    それでさえ、それだけで試合に勝てるものではない。

    また、4項目を等しい基準で評価しているのもおかしい。
    ヒットを10本打たれても、四球を10個与えても、点を取られなければよい。
    しかし高野連はそういうチームよりも、ヒット4本で4点取られたチームの方が
    「守備力が高い」と言っているのである。もう呆れてモノも言えない。


    こうした方法で「選抜」された32校が「春の日本一」を賭けて争うのが、
    この春の「センバツ」なのである。まあ、楽しみ方は人それぞれではあるが…。

    【2006/02/01 15:02】 野球全般 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    四国アイランドリーグが"初年度"の全日程を終了
    野球:四国アイランドリーグ 野球界に意義深い一石--1年目シーズン終了
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051019-00000298-mailo-l37
    初年度は赤字の公算=石毛氏「5、6人はプロで通用」
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051019-00000102-jij-spo
    四国リーグ 来季は前後期制
    http://www.sponichi.co.jp/baseball/flash/KFullFlash20051019039.html


    16日、全日程を終了した四国アイランドリーグ(以下四国IL)は、高知の優勝で幕を閉じた。

    「プロ」ではあるが、NPBやMLBを目指す若者を育てる「育成型の独立リーグ」として、
    NPB球団の無い四国に4球団を置き、地域に根ざした球団経営とリーグ運営を試みた。
    その初年度は赤字の公算で、入場者数は目標を超えたものの、無料や格安の優待券での
    利用が多かったこともあり、入場料収入の部分では改善の余地がありそうだ。

    地域に根ざした球団作りという点では、選手は試合後に積極的にファンと触れ合い、
    また地元のお祭りやイベントなどに参加し、一定の知名度・認知度は得られたのではないか。
    来季以降は物珍しさが無くなる反面、固定客や新規のお客さんは増えるだろう。


    もちろん、四国ILは「そこで終わり」のリーグではなく、
    NPBやMLBを目指す選手が「上を目指す」ためのリーグである。
    しかし、残念ながらプロのレベルに達しなかった選手や、年齢制限に引っ掛かった選手も、
    指導者や営業面などで再び四国ILに携わるようになれば良いと思う。

    ともあれ、来月18日のNPBの大学・社会人ドラフトで何人の選手が指名されるか、
    そして指名された選手が来季以降、NPBでどれだけ活躍できるか、
    四国ILにとっても選手にとっても、そこからが勝負となる。

    ちなみに来季は、全180試合(30回戦・90試合制)は変わらないものの、
    前期と後期それぞれ45試合に分け、それぞれの優勝球団の決定戦を最後に行う2期制となる。


    ■関連
    四国アイランドリーグ、高知ファイティングドッグスが優勝
    http://ringhio8.blog17.fc2.com/blog-entry-62.html

    【2005/10/19 20:48】 野球全般 | TRACKBACK(1) | COMMENT(0) |



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。