COLONNA E SPORT
こちらは、野球とサッカーを中心とした様々なスポーツについての"スポーツ・コラム・カフェ"です。スポーツ好きな方もそうでない方も、ゆっくりとスポーツ談義は如何でしょうか?


PROFILE
ringhio8
  • Author:ringhio8
  • ringhio8←の由来
    私の好きなACミランのジェンナーロ・ガットゥーゾ選手のアダ名「ringhio(リンギオもしくはリーノ…猛犬の意)」と、彼の背番号8番からです。
    私自身は猛犬とはほど遠いですが…(^^;

    ※エントリーへのコメント、トラックバックは大歓迎ですが、エントリーの趣旨とは無関係のものやアダルト関連のものは削除致しますのでご了承下さい。

    ※相互リンクは大歓迎ですが、一言連絡あると有り難いです┏○))ペコリ
  • RSS1.0


  • CALENDER
    07 | 2017/03 | 08
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    RECENT ENTRIES
  • アジア・ウィンターリーグ開催へ(04/03)
  • 球数制限・連投制限導入と日程の改善を(04/01)
  • 【WBC】始めたことに意義あった大会-WBC総括-(03/25)
  • 【WBC】決勝は日本vsキューバに(03/20)
  • 【WBC】「誤審」を引きずるな(03/15)
  • 【WBC】2次リーグ展望-2組-(03/12)
  • 【WBC】2次リーグ展望-1組-(03/12)


  • RECENT COMMENTS
  • 今日もコレクト!(05/01)
  • ken(03/02)
  • ringhio8(02/14)
  • Bee(02/14)
  • ringhio8(02/07)
  • ringhio8(12/13)
  • めろこ(12/11)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 大学情報局:<% rtrackback_title>(10/03)
  • 話題のキーワード:<% rtrackback_title>(10/03)
  • インラインスケートのレス:<% rtrackback_title>(08/24)
  • さらの記録:<% rtrackback_title>(08/04)
  • 大学受験最新ガイド:<% rtrackback_title>(08/01)


  • ARCHIVES
  • 2006年04月 (2)
  • 2006年03月 (14)
  • 2006年02月 (27)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年12月 (4)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (28)
  • 2005年09月 (12)
  • 2005年08月 (30)
  • 2005年07月 (11)


  • CATEGORY
  • トリノ五輪 (24)
  • 野球全般 (22)
  • WBC-野球日本代表 (16)
  • NPB-プロ野球 (23)
  • 千葉ロッテマリーンズ (30)
  • サッカー全般 (3)
  • サッカー日本代表 (9)
  • Jリーグ (4)
  • ジェフユナイテッド千葉 (5)
  • 競馬 (6)
  • 未分類 (11)


  • LINKS
  • Blog di Rosso
  • Bocs Eira~雪の箱
  • JOSYO~サッカーに魅了された者たちへ~



  • ブログ(blog)ならFC2
    人気blogランキングへ
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

    【ナビスコ杯】ジェフ千葉がPK戦の末に初優勝!
    初優勝のジェフ千葉イレブン

    初優勝に歓喜のジェフ千葉イレブン


    千葉 悲願のJ初タイトル
    http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/jtoto/headlines/20051106-00000020-spnavi_ot-spo.html

    オシム語録
    http://www.so-net.ne.jp/JEFUNITED/goroku/index.html


    5日、Jリーグのいわゆる"カップ戦"である「ナビスコカップ」の決勝戦が行われ、
    ジェフ千葉がPK戦(5-4)の末にガンバ大阪を下し、ナビスコ杯初優勝。
    Jリーグ創設以降では、クラブにとっては初のタイトル獲得となった。


    前半30分ぐらいまでは、両チーム共に攻撃・守備共に集中力が高く、
    攻守の切り替えも早く、非常に見応えのある素晴らしいサッカーをしていた。
    しかしJリーグの特徴として、チェンジ・オブ・ペース、つまり試合の中での運動量の
    メリハリが付けにくいという点があり、それがこの試合もモロに出てしまった。
    前半途中から、そして後半は、共にややペースがダウンしてしまった。

    主に得点のチャンスを作ったのはガンバ大阪。
    ルックアップしてきたシジクレイのロブパスから大黒が抜け出し、
    フリーでシュートを打った場面は最大のチャンスだったが、枠を捉えられなかった。
    そして再三に渡り、カウンターからのアラウージョやフェルナンジーニョらの個人技で
    得点機を生み出すが、最後はジェフの体を張ったディフェンスに防がれた。
    中でもストヤノフの硬・軟織り交ぜた強く・巧いディフェンスが目立った。

    ジェフもボールと人を動かしサイドを突いた攻撃で反撃するが、
    サイドを突ききれなかったことと、ガンバのDF・シジクレイに尽く跳ね返された。
    共に、ストヤノフ、シジクレイの両センターバックが素晴らしい働きをしていた。

    延長に入ると体力に勝るジェフがやや優位に進めるが、ゴールを割るまでには至らず。
    巻がオウンゴールを誘ったが、これはファウルの判定でノーゴールに。
    その後も途中投入の水野が良い突破を図っていたが、クロスの精度を欠いた。

    PKについては、ガンバにとっては遠藤の失敗が全てだったが、これも運。
    最後は運を引き寄せたジェフ千葉に軍配が挙がった。


    ジェフはオシム監督が就任してから(厳密には前任のベルデニック監督であるが)、
    「走るサッカー」を信奉し、戦術として浸透させてきた。
    練習では試合で走る距離の3倍も4倍もの距離を走らせ、90分間走る体力を付けた。
    もちろんそれは戦術を実行させるためのものであり、ただ走らせただけではない。

    一種の哲学にも通じるオシム監督のサッカー理論は独特だ。
    体力をベースにした多彩な戦術パターンから成る現実的なサッカーを志向してはいるが、
    根本には美しくサッカーをすることの意義と理由付けも見出している。

    そして現在のジェフ千葉は、タイトルを獲るほどの実力や安定性はまだ無いが、
    非常に魅力的且つ勝てるサッカーも出来るようになった。
    若い選手を積極的に登用(せざるを得なかった部分もあるが)し、それが功を奏した。
    阿部や巻、佐藤勇人、山岸、そして今年6月のワールドユースに出場した水野。
    いずれもジェフのユース組織から上がってきた選手だ。

    これらが噛み合い、勢いと運を掴んだ結果が、ナビスコ杯の優勝となった。
    しかし、まだまだ可能性はある。リーグ戦では5ポイント差の5位。そして残り5節。
    このサッカーなら、このメンバーなら、それも夢ではない。


    PS:サッカーに興味がある人も無い人も、オシム語録は是非読んで頂きたいと思う。
       サッカーばかりではなく、日常や他の事例にも通じる哲学としてためになります。

    スポンサーサイト

    「フクダ電子アリーナ」こけら落とし -多くの人々の思いを乗せて-
    フクアリ模型図

    「フクアリ」の模型イメージ図



    千葉「フクアリ」ドロー発進 J1第27節
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051017-00000030-sph-spo
    フクアリ開店!(「犬の生活」西部謙司氏のコラム)
    http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/jtoto/column/200510/at00006364.html

    フクダ電子アリーナインフォーメーション
    http://www.so-net.ne.jp/JEFUNITED/map/fukuari.html
    フクダ電子アリーナ公式サイト
    http://www.sogastadium.com/

    故・奥山氏の妻絵美さん、蘇我球技場にモニター4台寄贈
    http://www.tokyo-np.co.jp/00/cba/20050928/lcl_____cba_____002.shtml
    サポティスタに寄稿された、故・奥山氏のコラム
    http://park12.wakwak.com/%7Esupportista/data/hoka/1033106450.html


    昨日、ジェフ・千葉の新本拠地「フクダ電子アリーナ」のこけら落としとなる、
    J1第27節・横浜Fマリノス戦が行われ、試合は2-2のドローに終わった。
    18500人収容のスタジアムは、超満員の17087人の観客を集め、
    ほぼ黄色に染まったスタンドはジェフ千葉への声援を送った。


    フクダ電子アリーナ(以下フクアリ)は、市原臨海球技場に代わる、
    ジェフ千葉のホームスタジアムとして今年落成。災害時には防災拠点となる役割もある。
    サッカー専用スタジアムで、ピッチとスタンドが非常に近く、試合が見易い設計となっている。
    また、観客席をほぼ完全に覆う屋根により、雨天時も雨を気にせずに観戦できる。

    このフクアリの設計においては、熱心なサポーターや関係者が千葉市に働きかけ、
    一度決まった(あまり良くない)設計案を覆し、観客が見易く、サポーターの要望を
    詰め込んだ設計案を通すことに成功した、公共事業では異例とも言える経緯があった。


    また、それに尽力した「千葉市球技場イレブン懇談会」の委員で、
    積極的に"フクアリ"の設計改善への助言を行った一人であった奥山泰弘氏だが、
    フクアリの完成を待たずに、昨年4月、56歳で帰らぬ人となった。

    9月に故・奥山氏の妻絵美さんがフクアリに4台のモニターを寄贈し、そのモニターは
    奥山氏のネームプレートが添えられ、フクアリ内のコンコースに設置されている。
    フクアリ完成にご尽力された奥山氏に、改めて心からお礼申し上げ、ご冥福をお祈りしたい。

    多くの人々の思いを乗せて完成したフクアリは、遂にこけら落としとなった。
    残念ながら初戦は勝利では飾れなかったが、多くのお客さんがサッカー専用スタジアムの
    フクアリでサッカー観戦を楽しみ、そしてジェフを応援してほしいと思う。


    チームは決して弱くはなく(現在リーグ戦7位、ナビスコ杯は決勝進出)、
    また名将・オシム監督が指揮するチームも、内容の非常に良いサッカーをしている。
    しかしJ1では最下位を争う観客動員(1試合平均約7000人)と苦杯を舐めてきた。

    フクアリの誕生で、観客動員の改善が見込め、また新たなサポーター確保に繋がるだろう。


    ■関連
    ジェフ千葉の新スタジアムの名称が「フクダ電子アリーナ」に
    http://ringhio8.blog17.fc2.com/blog-entry-35.html


    ジェフ千葉の新スタジアムの名称が「フクダ電子アリーナ」に
    フクダ電子アリーナ

    フクダ電子アリーナのイメージ図

    新球技場名は「フクアリ」=J1千葉
    http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20050825&a=20050825-00000086-jij-spo
    蘇我球技場:千葉市、「フクダ電子」に命名権売却へ--契約額年1億円 /千葉
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050721-00000120-mailo-l12
    千葉市蘇我球技場に関する協定締結と正式名称及びロゴマークについて
    (フクダ電子公式HPリリース)http://www.fukuda.co.jp/press/prs050825.html


    ジェフ千葉のホームスタジアムとして今年10月にオープンする予定の
    「蘇我球技場(仮称)」のネーミングライツを、医療機器メーカーの「フクダ電子」が
    取得したのですが、この度新スタジアムの名称が「フクダ電子アリーナ」に決まりました。

    サッカー専用球技場のネーミングライツとしては国内では初めて。
    また、スタジアムの完成と同時にネーミングライツを採用するのも初めてだそうです。


    ジェフと言えば、「遠い」「見にくい」「狭い」の市原臨海競技場をホームとしていて、
    今季のJ1でも観客動員数はぶっちぎりの最下位。
    1試合平均7000人と、1位の浦和レッズの5分の1以下という有り様です。

    それも、
    (1)東京駅から2時間近く。また、千葉市からも鉄道利用では遠いこと。
    (2)そもそも人口が30万人程度の市原市をホームタウンとしていたこと。
    (3)その市原市自体が都市部とは言えず、また面積も広く人口密度が低いこと。
    (4)市原市の中心的な駅である五井駅からも、徒歩で30分以上、バスやタクシーを要すること。
    (5)そして着いたスタジアムはトラックがあり、仮設スタンドありの見づらい競技場であること。

    これらの理由が挙げられます。
    昨シーズンからホームタウンの広域化で千葉市もホームとしましたが、競技場は変わらず。
    しかしこの度、「フクダ電子アリーナ」が完成し、今季は5試合を開催することになっています。

    来季以降は市原臨海競技場とフクダ電子アリーナを半々で使用するとのことですが、
    サッカー専用スタジアムで、千葉市街からも近く、18000人が収容できる後者に
    シフトすべきという声が内外から挙がるのは必至と思われますね。

    もちろん私も、フクダ電子アリーナにはできる限り足を運びたいと思います。


    ナビスコ杯 巻と阿部が決めて磐田を下し、ベスト4進出
    アウェイで貴重な同点ゴールを決めた巻
    アウェイで貴重な同点ゴールを決めた巻

    巻ヘッド1髪!先制弾/ナビスコ杯
    http://www.nikkansports.com/ns/soccer/p-sc-tp0-050814-0018.html
    阿部もアピール!FK弾/ナビスコ杯
    http://www.nikkansports.com/ns/soccer/p-sc-tp0-050814-0024.html


    14日、ナビスコ杯準々決勝の第2戦が行われ、ホームでの第1戦を3-2で勝利していたジェフ千葉が、
    共に日本代表として東アジア選手権に出場した巻と阿部のゴールで、アウェイで価値あるドロー。
    2戦合計5-4でジュビロ磐田を下し、ベスト4進出を決めました。

    巻のゴールはサイドからのクロスを頭で合わせる"ヘリコプター"らしいゴール。
    日本代表としてはゴールは決められませんでしたが、空中戦での高さ・強さを示しました。
    阿部は日本代表でも魅せた(結果的に茂庭のアシストとなった)FKによるゴール。
    同じく日本代表GK川口能から、雨で水が浮いたピッチの上を滑るようなFKを決めた。

    どちらも、日本代表での経験がこの短い間にも活きているような気がします。
    もちろんこの酷暑の中、他の選手を含めた全員がジェフの"走るサッカー"をやり切ったことが勝因でしょう。

    これでベスト4進出。
    Jリーグ創設から13年。そろそろJリーグとなってからの初のタイトルが欲しいところです。


    巻が日本代表に追加招集
    日本代表に追加招集された巻
    追加招集され、初の代表入りとなったFW・巻

    184cmの長身FWのドタバタ選出
    http://www.nikkansports.com/ns/soccer/japan/p-sc-tp3-050728-0010.html


    ジェフの"爆撃機"巻誠一郎が、日本代表に初選出されました。
    これは選出されていた横浜F・マリノスの久保が怪我を理由に辞退したため。

    今シーズンはJリーグでも、日本人では大黒に次ぐ8得点(全体で4位)を挙げブレイク中。
    何より、184cmの長身と滞空時間の長さを活かした空中戦の強さは、
    今のスピード重視な日本代表のFW陣には無い武器と言えます。

    ただ鹿島アントラーズの鈴木にみられる、後ろを向いてのポスト役というよりは、
    サイドからのクロスやセットプレーを「点」で合わせるタイプなので、
    そのあたりを日本代表の中でどう活かせるか、ということになりそうです。
    出場時間は短くなりそうですが、その中でアピールしてほしいですね。


    個人的には東アジア選手権は正直、"観るモチベーション"的には低いものでしたが、
    阿部と巻の選出で俄然楽しみになってきました。



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。