COLONNA E SPORT
こちらは、野球とサッカーを中心とした様々なスポーツについての"スポーツ・コラム・カフェ"です。スポーツ好きな方もそうでない方も、ゆっくりとスポーツ談義は如何でしょうか?


PROFILE
ringhio8
  • Author:ringhio8
  • ringhio8←の由来
    私の好きなACミランのジェンナーロ・ガットゥーゾ選手のアダ名「ringhio(リンギオもしくはリーノ…猛犬の意)」と、彼の背番号8番からです。
    私自身は猛犬とはほど遠いですが…(^^;

    ※エントリーへのコメント、トラックバックは大歓迎ですが、エントリーの趣旨とは無関係のものやアダルト関連のものは削除致しますのでご了承下さい。

    ※相互リンクは大歓迎ですが、一言連絡あると有り難いです┏○))ペコリ
  • RSS1.0


  • CALENDER
    04 | 2017/05 | 06
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -


    RECENT ENTRIES
  • アジア・ウィンターリーグ開催へ(04/03)
  • 球数制限・連投制限導入と日程の改善を(04/01)
  • 【WBC】始めたことに意義あった大会-WBC総括-(03/25)
  • 【WBC】決勝は日本vsキューバに(03/20)
  • 【WBC】「誤審」を引きずるな(03/15)
  • 【WBC】2次リーグ展望-2組-(03/12)
  • 【WBC】2次リーグ展望-1組-(03/12)


  • RECENT COMMENTS
  • 今日もコレクト!(05/01)
  • ken(03/02)
  • ringhio8(02/14)
  • Bee(02/14)
  • ringhio8(02/07)
  • ringhio8(12/13)
  • めろこ(12/11)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 大学情報局:<% rtrackback_title>(10/03)
  • 話題のキーワード:<% rtrackback_title>(10/03)
  • インラインスケートのレス:<% rtrackback_title>(08/24)
  • さらの記録:<% rtrackback_title>(08/04)
  • 大学受験最新ガイド:<% rtrackback_title>(08/01)


  • ARCHIVES
  • 2006年04月 (2)
  • 2006年03月 (14)
  • 2006年02月 (27)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年12月 (4)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (28)
  • 2005年09月 (12)
  • 2005年08月 (30)
  • 2005年07月 (11)


  • CATEGORY
  • トリノ五輪 (24)
  • 野球全般 (22)
  • WBC-野球日本代表 (16)
  • NPB-プロ野球 (23)
  • 千葉ロッテマリーンズ (30)
  • サッカー全般 (3)
  • サッカー日本代表 (9)
  • Jリーグ (4)
  • ジェフユナイテッド千葉 (5)
  • 競馬 (6)
  • 未分類 (11)


  • LINKS
  • Blog di Rosso
  • Bocs Eira~雪の箱
  • JOSYO~サッカーに魅了された者たちへ~



  • ブログ(blog)ならFC2
    人気blogランキングへ
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

    アジア・ウィンターリーグ開催へ
    アジア冬季リーグ 今オフ開催へ


    ラテンアメリカの「カリビアンシリーズ」のようなウィンターリーグを、
    今年からアジアでも開催することが濃厚になったようだ。

    若手育成を主眼とした教育リーグで、日本からはセ、パ各リーグ選抜の2チーム、
    韓国選抜チーム(以上3チームはいずれも"2軍選手"主体)、台湾選抜の4チーム。
    冬でも温暖な台湾各地で、12月中旬から1月まで20試合程度を行う予定だそうだ。

    日本からの2チームは各球団が数人ずつ選手を供出し構成する予定とのこと。
    おそらく、各球団4人程度の計24~25人で構成されると思われる。
    2軍選手主体ということでトップレベルの争いでは無いが、
    育成を目的にした国際大会、越境リーグということになる。
    こうした試みは歓迎したいし、若い選手の良い鍛錬の場となるだろう。

    また、今オフには9年ぶりに「ハワイ・ウィンターリーグ」も復活する予定とのこと。
    観る方もやる方も、「オフ」はない。


    ■関連
    国際大会という新たな舞台へ
    http://ringhio8.blog17.fc2.com/blog-entry-112.html

    スポンサーサイト
    【2006/04/03 23:17】 NPB-プロ野球 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) |

    国際大会という新たな舞台へ
    西武カブレラMVP有力、サヨナラ打で全勝
    http://www.nikkansports.com/ns/baseball/p-bb-tp0-060207-0003.html

    カリビアンシリーズ ウィキペディアより
    ウィンターリーグ 同上

    2月、日本のプロ野球はオフを終え、各球団共にキャンプに入っている。
    しかし地球の裏側、ラテンアメリカ諸国ではウィンターリーグのプレーオフ、
    そしてカリビアンシリーズが佳境に入ったところだ。
    WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)を控えてることもあり、
    その盛り上がりはファンも選手も例年以上のようだ。


    ウィンターリーグとは、ドミニカ、プエルトリコ、ベネズエラ、パナマ、
    そしてメキシコの5ヶ国それぞれで行われるリーグ戦の総称である。
    その名の通り11月から2月までの冬季に開催される。
    (メキシコは春から秋にもメキシカンリーグという3A相当のリーグ戦がある)

    各国それぞれのリーグ戦の上位チームだけで行われるプレーオフがあり、
    それを勝ち抜いたチームは各国のウィンターリーグ王者となる。
    そしてその王者が集まり、カリブ海№1を決める「カリビアンシリーズ」を開催する。


    特徴としては、MLBやNPB、その他アジア各国のプロ野球に所属する選手が、
    その期間だけ調整などのために参加することが可能なことだろう。
    ボストン・レッドソックスのオルティーズ、ラミレス(共にドミニカ)、や、
    西武ライオンズのアレックス・カブレラ(ベネズエラ)などは
    ウィンターリーグの常連であり、カブレラは現在カリビアンシリーズで大活躍中だ。

    また、カリビアンシリーズに出場するチームは、国のリーグ戦の王者として、
    同じ国の他チームからも選手をその期間だけ"補強"することができる。
    例えば、アジアシリーズに出場した千葉ロッテマリーンズに、
    タイガースから金本や赤星、ホークスから杉内や松中が加わるようなものである。
    (さらにイチローや松井秀が加わることもあるということだ)
    日本でも、都市対抗野球などはこの"補強"制度を導入している。


    このウィンターリーグ、そしてカリビアンシリーズの大会形式は、
    それぞれの国のリーグ戦、そして国を代表した地域の王者決定戦と、
    ローカリズムとナショナリズムをうまく組み合わせたシステムだと思う。
    MLBや他のリーグがオフであるのも強みだろう。

    もちろん、一国内だけでのリーグ戦では成り立たない事情もあるのだろう。
    また、リーグとしての実力的にはMLBの3A、2Aクラスとも言われる。
    しかし、国内のリーグ戦がマンネリ化し、頭打ちで人気低下が叫ばれている
    NPBなどは、大いに参考になるはずだ。

    だからこそ昨年、第1回のアジアシリーズが開催されるに至った。
    確かに実力差はあったかもしれない。特に国内リーグが発足したばかりの
    中国はリーグ・オールスターで挑んで来たが、その差は歴然としていた。
    また、「日本シリーズまででいいじゃないか」という意見もあった。
    格下とも言えるアジア各国の王者と対戦することに価値を見出せない、
    ということである。しかし、それは了見が狭いと指摘したい。


    NPBは今、将来どうするか・どうなるかの岐路に立たされている。
    スター選手は既にMLBへ流出する流れが出来つつあり、
    事実日本人の野手で頂点に立つ2人(イチロー、松井秀)はMLBにいる。
    また、今年は日本球界№1捕手である城島がMLBへ移籍した。
    認める・認めないに関わらず、NPBの「MLBの3A化」は進んでいる。
    実を言えば、個人的にはそれでもいいとも思う。

    ファンが好きな球団や選手を応援し、それで興行が成り立っているのならば、
    MLBのマイナーだろうと実質的にそう変わるものではない。
    事実、MLBの下部組織のマイナーリーグは、地域に根ざしたチームを持ち、
    1試合数千人の単位でファンを動員し、盛り上がっているではないか。

    Jリーグもそうだ。レベル的にも、興行的にも世界のトップリーグとは言えない。
    5指にも入らないだろう。トップ10に入るかどうか…ではないだろうか。
    それでも開幕から10余年で目覚ましい成長を遂げ、ファンを獲得している。
    そこにトップリーグであるか否かはさしたる問題ではないのである。


    しかし、一極化は疲弊を招く。MLBは未だ発展を続けているが、今後はわからない。
    世界的な野球・ベースボールの普及や、競技全体の底上げを考慮した場合、
    アジア圏においてMLB並みのリーグがあっても面白い。
    それをNPBは目指すべきであり、牽引役となるべきだと思うのである。

    話が大きくなってしまったが、野球の進むべき道は国際化を進めること、
    そして、選手やファンはそれに慣れることだ。

    12球団だけの枠組みは、いい加減窮屈ではありませんか?

    【2006/02/07 19:08】 NPB-プロ野球 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    2006年NPB公式戦(セ・パ・交流戦)日程
    去る24日にパシフィック・リーグの今季公式戦日程が、
    25日にはセントラル・リーグの公式戦日程がNPBから発表された。
    また、23日には交流戦の日程も合わせて発表された。


    ○パシフィック・リーグ公式戦全日程
    (3~5月)http://www.npb.or.jp/schedule/2006pl_04.html
    (6・7月)http://www.npb.or.jp/schedule/2006pl_07.html
    (8月)http://www.npb.or.jp/schedule/2006pl_08.html
    (9月)http://www.npb.or.jp/schedule/2006pl_09.html
    (プレーオフ)http://www.npb.or.jp/schedule/2006pl_playoff.html

    パシフィック・リーグは一足先に3/25(土)・26(日)の2連戦で開幕。
    開幕カードは、
    福岡ヤフードーム…福岡ソフトバンクホークス-千葉ロッテマリーンズ
    札幌ドーム…北海道日本ハムファイターズ-東北楽天ゴールデンイーグルス
    インボイスSEIBUドーム…西武ライオンズ-オリックスバファローズ
    以上の3試合で、いずれも13:00開始のデーゲーム。

    もちろん注目は、昨年は"2強"としてパ・リーグの首位争いを続け、
    プレーオフ第2ステージでも最終戦まで争ったホークスとマリーンズの一戦。
    どちらも主力選手は直前までWBCに出場するだけに、
    コンディション調整が鍵を握るのではないだろうか。


    ○セントラル・リーグ公式戦全日程
    (3~5月)http://www.npb.or.jp/schedule/2006cl_04.html
    (6・7月)http://www.npb.or.jp/schedule/2006cl_07.html
    (8月)http://www.npb.or.jp/schedule/2006cl_08.html
    (9月)http://www.npb.or.jp/schedule/2006cl_09.html
    (10月)http://www.npb.or.jp/schedule/2006cl_10.html

    セントラル・リーグは3/31(金)~4/2(日)の3連戦で開幕する。
    こちらの開幕カードは、
    ナゴヤドーム…中日ドラゴンズ-広島東洋カープ
    明治神宮球場…東京ヤクルトスワローズ-阪神タイガース
    東京ドーム…読売ジャイアンツ-横浜ベイスターズ。
    以上の3カードで、いずれもナイトゲームとなる(神宮での4/1・2はデーゲーム)

    ピックアップするような注目カードは無いが、スワローズは今年、
    「東京ヤクルト」と名称を変えてのいきなりのホーム・神宮での開幕となる。
    ビジターながらスワローズよりファンが多く集まるタイガース相手とあって、
    開幕までにどれだけ「ホーム」のファンを集客できるかもポイントだろう。


    ○交流戦全日程
    (5・6月)http://www.npb.or.jp/schedule/2006inter.html

    今年で2年目の試みとなる交流戦、一部からは削減要望も出ているが…。
    5/9(火)からの3連戦で開幕、6/18(日)まで1球団あたり36試合、
    全216試合行われる(予備日は6/22まで)

    開幕6カードは、
    明治神宮球場…東京ヤクルトスワローズ-西武ライオンズ
    横浜スタジアム…横浜ベイスターズ-東北楽天ゴールデンイーグルス
    阪神甲子園球場…阪神タイガース-千葉ロッテマリーンズ
    札幌ドーム…北海道日本ハムファイターズ-中日ドラゴンズ
    スカイマークスタジアム…オリックスバファローズ-読売ジャイアンツ
    福岡ヤフードーム…福岡ソフトバンクホークス-広島東洋カープ
    となっている。

    もちろん注目は、昨年の日本シリーズの再戦となる甲子園での一戦だ。
    4勝0敗、トータルスコア33-4というマリーンズの圧勝に終わった
    日本シリーズだったが、タイガースは何としても雪辱を晴らしたい所だろう。

    また、今年も昨年同様に日本生命のスポンサーシップにて、
    交流戦優勝球団には5000万円、MVPには200万円が賞金として贈られる。

    【2006/01/29 16:44】 NPB-プロ野球 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    オリックス・バファローズの「人気補強策」や如何に
    仰木彬氏が死去 野茂、イチローを育成
    http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/headlines/20051215-00000061-kyodo_sp-spo.html

    清原、オリックス入り表明=「地元大阪で精いっぱいプレーしたい」
    http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/headlines/20051220-00000069-jij-spo.html
    中村がオリックス入り 清原に続く強打補強
    http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/headlines/20051221-00000013-kyodo_sp-spo.html


    まず本エントリーに先立って、やや遅いニュースではあるが、
    仰木彬前オリックス監督が15日、福岡市内の病院で亡くなった。70歳だった。

    初めは黄金期の西武ライオンズに立ち向かう近鉄バファローズの監督として、
    そしてイチローを擁したオリックス・ブルーウェーブの監督として、
    計3度のリーグ優勝と1度の日本一を成し遂げ、80年代後半から90年代にかけての
    パシフィックリーグを盛り上げた第一人者だった。

    「仰木マジック」と呼ばれたその采配は、常識を覆し意表を突くものと言われたが、
    継投や相手との相性重視のオーダーなど、基本的には繊細且つ理詰めで、
    "マジック"はややイメージ先行のきらいもあるのではないかと思う。
    また、脇役と呼ばれる地味な選手を用いるのが巧かった監督でもある。
    近鉄時代の大石、村上、オリックスでは大島や馬場、本西などだ。

    そして何と言っても、野茂、イチローという2人の偉大なメジャーリーガーを生んだ。
    仰木氏1人で野茂、イチローといったメジャーリーガーを育てたわけではないが、
    その一端を担った功績は大きい。つくづく、その早く急な死が惜しまれる。

    その仰木氏が、かつて自らが指揮した2つの球団が合併し、
    「オリックス・バファローズ」となった球団の初年度を率いたのは当然の流れ、
    というか、その中で指揮できる人材は仰木氏しかいなかったのだろう。
    病魔に蝕まれながらの1年は辛かっただろうが、謹んでご冥福をお祈りしたい。


    昨年の再編騒動と合併ですっかりダーティーなイメージが先行している
    そのバファローズだが、ここへ来て積極補強を展開。そう、清原の獲得と中村の復帰だ。
    2人を獲得するのには、当然、長打力不足(今季のチーム最多本塁打がガルシアの21本)
    を補う意味もあるだろうが、何より大きいのは人気面、興行的な面だろう。

    合併で大阪ドームとスカイマークスタジアム(神戸)のダブルフランチャイズとなったが、
    観客動員は2倍とはならなかった。合併という方策事態がマイナスなイメージがあるのと、
    デジタルには動かない"ファン感情"があるためであり、これは当然のことだ。
    単純な現在の観客動員数を根拠に、球団を減らして1リーグ制にすれば
    1球団あたりの観客数(=ファン数)は増える、などという考え方の人もいるが、
    今年のオリックスを見ればそれが成り立たないことが良くわかる。

    結果、スカイマークスタジアムでは1試合平均2万人以上をキープしたものの、
    大阪ドームでは、招待券やプレゼントなどのキャンペーンなどを張ったにも関わらず、
    1試合平均2万人を切ってしまった。両球場の環境の違いなどはあるが、
    ダブルフランチャイズを両方で成り立たせるのが難しい実態が見え隠れする。


    そこで、絶大な人気とスター性を持った清原と中村というわけである。

    清原は今さら説明するまでもないが、西武黄金時代に4番打者として君臨。
    タイトルこそ無いものの、出塁率やOPS(強打者を計る指標で、出塁率+長打率)は
    かなり高い数値を示してきた。そして1996年オフに、FAでジャイアンツへ移籍。
    ジャイアンツ移籍後は度重なる怪我に悩まされ批判を浴びてはいるが、
    今季も96試合で22本塁打、打率はともかく、出塁率は3割をキープしている。

    大阪出身ということ。憧れの球団を自由契約になり、後の無い状態で
    新天地へかける意気込み、これらはある程度好意的に受け止められるだろう。
    あとは、関西のメディアがどう取り上げ、それをファンがどう読みとるかである。
    もちろん、本人の問題は怪我をしないこと、この一点に尽きる。
    でなければ、チームの顔として、戦力としても興行面でも貢献はできるだろう。

    そして中村だが、こちらはやや事情が異なる。
    昨年、再編騒動に嫌気が差したのもあろう、合併したオリックスへは行かず、
    MLBへポスティングシステムでの移籍を決意し、ロサンゼルス・ドジャースに入団。
    しかしメジャーでは17試合で本塁打はゼロ、打率も出塁率も1割台と散々だった。
    マイナーのラスベガスでも、本塁打はそれなりに打った(101試合で22本)が、
    打率は.249で出塁率は.331。何より、「マイナーレベル」という烙印を押されてしまった。

    そこで今回の復帰(移籍)となったわけだが、マイナーでの成績も含めると、
    2003年からの3年間は出場試合数も本塁打数もやや低調なのが気がかりだ。
    かつて本塁打王(2000年)や打点王(2000、2001年)を獲得した時のイメージでいると、
    やや痛い目を見るかもしれない。こちらも、コンディションが重要になるだろう。


    もちろんこの2人にかかる期待は大きくはなるが、
    それが無くても今のバファローズにはなかなか駒は揃っている。
    今季は低調だったが、村松、谷といった実力・実績共にある外野手、
    阿部、平野恵という走攻守揃い、確実性のある2人の(近い将来の)主力に、
    塩崎、北川、水口らのベテラン勢。そして外国人では2年目となるブランボーに、
    中村と同じラスベガスでプレーしていたグラボウスキ。こちらは広角に打てる打者だ。

    やや落ちるのが投手陣、特に先発陣で、この球団の最大のウイークポイントだろう。
    今季球団唯一の2桁勝利(14勝)のJPは残留を断念(ジャイアンツへの入団が濃厚)、
    2年目の光原(今季7勝)、ベテランの川越、吉井(共に6勝)、今季はカープで投げた
    外国人のデイビー(6勝)ぐらいしか、現時点では先発候補がいない。
    マリーンズを退団になったセラフィニ(11勝)を獲得するという話だが、
    それにしても、年間200イニングを投げてきたJPの退団は痛い。

    今季は中継ぎ陣が防御率1点台の菊地原、大久保、2点台の歌藤、香月、加藤と、
    12球団一とも言える安定した成績を残したが、来季はさらに負担をかけそうだ。
    希望枠で獲得した平野佳に期待をかけなくてはならないのは厳しいだろう。


    清原と中村の話に戻るが、バファローズは共に単年契約を提示しているという。
    これには近鉄とオリックスの合併協議の中での、「2007年までダブルフランチャイズ」
    という点が鍵になる。大阪ドームで思ったような観客動員、収益を望めなければ、
    2008年からはまた神戸での単独フランチャイズに戻るのではないか。
    その間、関西での「対阪神」という観点から、球団としてのアイデンティティーを
    獲得するための起爆剤が、清原、中村なのではないか、というのは深読みであろうか。

    どちらにしても、バファローズという合併球団が阪神一色な関西の中で、
    どう球団のアイデンティティーと人気を確保していくのか。
    そして「重量打線」となった来年のバファローズはどう闘うのか。
    また来年のパ・リーグの楽しみが増えた。

    【2005/12/21 18:39】 NPB-プロ野球 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    【実行委】試合のスピードアップ化へ時間制限を
    長らく放置してしまってすみません。
    リハビリでは無いですが、ちょいと書き方を変えて簡素にしつつ
    エントリーを増やして行きたいと思います。


    攻守、投手交代に時間制限 プロ野球実行委員会
    http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/headlines/20051219-00000047-kyodo_sp-spo.html
    >試合のスピードアップのため、来季から攻守交代は2分15秒以内、
    >投手交代は2分45秒以内とする具体的な時間制限を初めて導入することを決めた。

    問題はこれを誰がカウントし、破られた場合の罰則規定をどうするか。
    でなければいずれ有耶無耶になって元サヤになってしまうだけだろう。
    あとは内規に留まっている投球間隔の「20秒ルール」を厳しく運用してもらいたい所。
    お客さんを1人の選手が平気で待たせるプロスポーツは野球くらいなもの。


    球団名変更は改革への一歩 東京ヤクルトスワローズ
    http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/headlines/20051219-00000039-kyodo_sp-spo.html
    >10年、20年後を見据えればコアなファンの開拓と同時に、
    >スワローズは東京の球団という認知度はより鮮明になっているはずだ。

    同じ東京、同じリーグで、「東京」の冠を外した人気球団があるわけで、
    その球団との差別化というだけでも意味があることだと思う。
    他地域のファンの切り捨てに繋がるという声もあるが、球団が向けるべき顧客は
    やはり球場に来る観客=本拠地周辺の住人なわけで、これは間違いではない。
    あとは有名無実にならないように、実際の意味での「地域密着」を問われることになる。


    専用球場はスカイマーク オリク大阪Dから変更
    http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/headlines/20051219-00000045-kyodo_sp-spo.html
    >小泉隆司球団社長は
    >「野球協約には専用球場を使って日本シリーズをやることになっている。
    >その時の状況が分からないから神戸にしておく」と説明した。

    これは協約上の問題で、オリックスバファローズは現在、
    スカイマークスタジアムと大阪ドームの両方を実質的に"専用球場"にしているが、
    日本シリーズなどではどちらか1会場にしなければならないための措置。
    個人的には、ダブルフランチャイズの暫定措置が切れる2007年を過ぎれば、
    再び兵庫県とスカイマークスタジアムに戻るのではないかとみている。


    アジア版ウインターM 来年11月に開催構想
    http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/headlines/20051219-00000049-kyodo_sp-spo.html
    >米大リーグ恒例のウインターミーティングは球界首脳や各球団の
    >編成担当者らが集まり、トレードなどの交渉を行う。
    >瀬戸山代表の構想は初代アジア王者となったロッテが事務局を務め、
    >アジアの野球関係者を集めて編成に関する交渉を行う。

    これは賛成。1カ所に集まることは単純に時間や経済的な面からも合理的であるし、
    ファンの関心が高いトレードやFAなどの話し合いを"イベント化"することで、
    メディアやファンの目を向けさせる意味合いもある。
    ただし、もっと韓国リーグや台湾リーグなどとの人材の交流が活発にならないと、
    NPBがそれらのリーグの有望選手を物色するだけの会議になるだろう。

    【2005/12/19 19:58】 NPB-プロ野球 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。