COLONNA E SPORT
こちらは、野球とサッカーを中心とした様々なスポーツについての"スポーツ・コラム・カフェ"です。スポーツ好きな方もそうでない方も、ゆっくりとスポーツ談義は如何でしょうか?


PROFILE
ringhio8
  • Author:ringhio8
  • ringhio8←の由来
    私の好きなACミランのジェンナーロ・ガットゥーゾ選手のアダ名「ringhio(リンギオもしくはリーノ…猛犬の意)」と、彼の背番号8番からです。
    私自身は猛犬とはほど遠いですが…(^^;

    ※エントリーへのコメント、トラックバックは大歓迎ですが、エントリーの趣旨とは無関係のものやアダルト関連のものは削除致しますのでご了承下さい。

    ※相互リンクは大歓迎ですが、一言連絡あると有り難いです┏○))ペコリ
  • RSS1.0


  • CALENDER
    07 | 2005/07 | 08
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • アジア・ウィンターリーグ開催へ(04/03)
  • 球数制限・連投制限導入と日程の改善を(04/01)
  • 【WBC】始めたことに意義あった大会-WBC総括-(03/25)
  • 【WBC】決勝は日本vsキューバに(03/20)
  • 【WBC】「誤審」を引きずるな(03/15)
  • 【WBC】2次リーグ展望-2組-(03/12)
  • 【WBC】2次リーグ展望-1組-(03/12)


  • RECENT COMMENTS
  • 今日もコレクト!(05/01)
  • ken(03/02)
  • ringhio8(02/14)
  • Bee(02/14)
  • ringhio8(02/07)
  • ringhio8(12/13)
  • めろこ(12/11)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 大学情報局:<% rtrackback_title>(10/03)
  • 話題のキーワード:<% rtrackback_title>(10/03)
  • インラインスケートのレス:<% rtrackback_title>(08/24)
  • さらの記録:<% rtrackback_title>(08/04)
  • 大学受験最新ガイド:<% rtrackback_title>(08/01)


  • ARCHIVES
  • 2006年04月 (2)
  • 2006年03月 (14)
  • 2006年02月 (27)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年12月 (4)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (28)
  • 2005年09月 (12)
  • 2005年08月 (30)
  • 2005年07月 (11)


  • CATEGORY
  • トリノ五輪 (24)
  • 野球全般 (22)
  • WBC-野球日本代表 (16)
  • NPB-プロ野球 (23)
  • 千葉ロッテマリーンズ (30)
  • サッカー全般 (3)
  • サッカー日本代表 (9)
  • Jリーグ (4)
  • ジェフユナイテッド千葉 (5)
  • 競馬 (6)
  • 未分類 (11)


  • LINKS
  • Blog di Rosso
  • Bocs Eira~雪の箱
  • JOSYO~サッカーに魅了された者たちへ~



  • ブログ(blog)ならFC2
    人気blogランキングへ
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

    東アジア選手権 北朝鮮戦展望
    大黒が「エース」となれるかどうか
    「エース」の座を掴めるか大黒

    「チームを壊す」ということ(7月30日@大田)
    宇都宮徹壱の日々是東亜2005
    http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/column/200507/at00005573.html
    ジーコ「シュート決めろ」内容と結果重視
    http://www.nikkansports.com/ns/soccer/japan/p-sc-tp3-050731-0013.html


    サッカー日本代表は、本日7月31日から8月7日まで韓国にて、
    日・中・韓と予選を勝ち抜いた北朝鮮の4ヶ国で行われる「東アジア選手権」に挑みます。
    ちなみに今回は史上初の男女同時開催ということで、サッカー女子日本代表も、
    8月1日から6日まで同じく韓国で東アジア女子選手権を闘います。

    今回の東アジア選手権ではいわゆる「欧州組」を招集せず、
    5人の初招集選手を含む「国内組」で闘うことになります。
    もちろん勝つこと、優勝することが前提でしょうが、この点についてジーコ監督は、
    明確に「内容と結果の両立を求める」と発言しています。
    つまり、新戦力を必ずしもテストすることが第一では無い、ということで…。

    今日の北朝鮮戦はどうやら、いわゆる3-5-2のフォーメーションで、スタメンは
    GKが川口、DF宮本、中澤、田中、MFが加地、アレックス、福西、遠藤、小笠原、
    そしてFWが玉田、大黒となりそうだとのこと。まあ、お馴染みのメンバーですね。
    コンフェデレーションズカップでギリシャ、ブラジルと五分で渡り合った4バックでは無いようです。
    欧州組がいる時・いない時で、それによってチームを変えるという意図でしょうか。

    ここに初招集組が途中出場でどれだけ起用されるかどうかはわかりませんが、
    基本的には短い時間と限られた戦術の中でアピールすることになりそうです。
    特に決定力不足を囁かれるFW陣は、何よりゴールを決めることが最大のアピール。
    現時点で、出場時間当たりの得点率が高い大黒が今大会どれだけやれるのか、
    「エース」の座を一気に奪うような活躍を見せられるのか、といったところも注目です。

    しかし相手が北朝鮮、それもアジア予選の時とはメンバーがガラリと入れ替わってるとあって、
    試合展開が読めませんね…。早めに先制点を取って優位に運べればいいのですが、
    ズルズルと行かれるとキリンカップの時のようなストレスの溜まる展開になりそうです。

    そこで途中投入の阿部のコーナーキックを同じく途中投入の巻がヘディングで…
    となると"オイシイ"展開なのですが、そうならない楽な展開を期待します。


    スポンサーサイト
    【2005/07/31 14:56】 サッカー日本代表 | TRACKBACK(2) | COMMENT(0) |

    7/30 vsホークス ●0-6
    マリーンズ、首位決戦の初戦を落とす
    首位攻防2連戦の初戦を落としたマリーンズ

    ホークス、マリーンズ相手に投打充実で5.5差
    http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/headlines/20050730-00000040-kyodo_sp-spo.html


    完敗です。何も言うことはなし。

    …ではあまりにもお粗末なので、少しだけ。
    ホークスの杉内は今年は見違えるような投手になりましたね。
    強いチームには必ず強力な左腕がいるものですが、今年の杉内は20勝するかも。
    マリーンズ打線は3回までの3四球3安打を得点に結びつけられなかったのが全てですね。

    それにしても、ホークスの外国人野手トリオも素晴らしい。
    実績のあるズレータはともかく、大型扇風機を懸念されたバティスタが.280とは意外でした。
    カブレラは.300をキープし、走攻守に渡って地味ながらも堅実なプレーぶり。
    マリーンズの外国人トリオは苦言を呈すると、3人共タイプがやや似通ってるのが…。
    もちろんこれは選手の責任ではないのですがね。

    うーむ、明日は勝ちたい。


    世界クラブ選手権の組み合わせが決定
    アジアクラブ王者は初戦アフリカ王者と
    http://www.nikkansports.com/ns/soccer/f-sc-tp0-050730-0023.html


    12月に日本で開催される、6大陸のクラブ王者が争う「世界クラブ選手権」
    (正式名称はFIFAクラブワールドチャンピオンシップ・トヨタカップ・ジャパン2005)
    のドロー(組み合わせ抽選)が本日都内で行われました。

    10月31日に行われるアジアチャンピオンズリーグ決勝(以下ACL)で決定するアジア王者は、
    11月中旬に決定するアフリカ王者と、1回戦で対戦することが決定しました。
    なお、Jリーグの横浜F・マリノス、ジュビロ磐田共に、ACLは1次リーグで敗退しています。

    また、他の組み合わせと日程・会場は以下の通り。

    <1回戦>
    (A) 12/11国立 (アジア王者)未決定 - 未決定(アフリカ王者)
    (B) 12/12豊田 (オセアニア王者)シドニーFC - デポルティボ・サプリサ(北中米王者)

    <準決勝>
    (C) 12/14国立 (南米王者)サンパウロ - (A)の勝者
    (D) 12/15横浜 (欧州王者)リバプール - (B)の勝者

    <5位決定戦>
    12/16国立 (A)の敗者 - (B)の敗者

    <3位決定戦>
    12/18横浜 (C)の敗者 - (D)の敗者

    <決勝>
    12/18横浜 (C)の勝者 - (D)の勝者

    【2005/07/30 18:32】 サッカー全般 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    東北にも独立リーグ誕生へ
    岩手と宮城で新球団誕生 09年に東北独立リーグ開幕
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050729-00000229-kyodo-soci
    東北独立リーグ全体組織図(仙台市民球団企業組合のHPより)
    http://www.cbs-sendai.or.jp/league/index.html


    既存のプロ野球とは一線を画した「東北独立リーグ」の構想が、
    「東北独立リーグ開設プロジェクト」から発表されました。

    構想としては、まず今年中に宮城・岩手両県の2球団を発足させ、
    今年11月には両球団による最初の試合を予定しているとのこと。
    来年4月からは2球団で30試合を行い、選抜チームで都市対抗予選に出場。
    その後は順次、青森・秋田・山形・福島の東北4県にも球団を発足させ、
    2009年度の「東北独立リーグ」開幕を目指しているとのことです。

    独立リーグとしては、今年4月に四国4県にそれぞれ球団を置いた
    「四国アイランドリーグ」が発足し、まずまずの興行成績を残しています。
    また、四国アイランドリーグやこれまた来年発足予定の日本独立リーグ(仮)との、
    「独立リーグ版日本シリーズ」なども構想にあるようです。

    また「東北独立リーグ全体組織図」の構想図で興味深いのは、
    小学生からプロまでの一貫した育成組織を作ることを明確に示していること。
    特にルーキーリーグが16歳以上と高校生年代を含んでいることは、
    アマチュア野球の総本山とも言える高校野球に一石を投じる構想と言えるでしょう。

    まだ構想段階でこの先どうなるかはわかりませんが、
    企業の野球部廃止が相次ぎ、野球をやる人の受け皿が減少している今、
    プロを目指す人間の受け皿となる独立リーグ発足は必要不可欠と言えるでしょう。

    四国アイランドリーグと共に、今後も注目していきたいと思います。

    【2005/07/29 20:51】 野球全般 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    西武ライオンズは来季以降も継続保有
    西武来季も存続、伊東監督続投も内定
    http://www.nikkansports.com/ns/baseball/p-bb-tp0-050729-0021.html


    以前のブログでも何回かお伝えしてきた、西武ライオンズの球団売却問題ですが、
    「今後とも西武グループのシンボル」ということでどうやら継続保有が決定したようです。

    昨年、西武ドームとライオンズ2軍のネーミングライツを取得し、
    ライオンズ本体の買収も噂されていた「インボイス」ですが、
    株主総会時に社長が買収を否定するなど、その動きは小さくなっていました。
    (特にパ・リーグでは)赤字経営が前提となるプロ野球球団の買収に向けた動きに、
    株主や各方面からの反対や懸念が相次いだから、とも噂されています。
    感情抜きに経営面だけを考慮すれば、買収断念は賢明な判断と私は思います。

    さて、西武グループによる継続保有が決定したライオンズですが、
    赤字幅縮小のための人件費(選手年俸)削減と、それによる戦力の弱体化。
    特異なフランチャイズ(※)を主要因とした観客動員の伸び悩みの改善など、
    今後の課題は多く且つ難しいものになりそうです。

    80年代には黄金時代を築くも、親会社の不祥事そして球界再編騒動を経て、
    再建を目指すライオンズの動向は今後も注目したいところです。


    ※特異なフランチャイズ
     西武ライオンズのフランチャイズは埼玉県ですが、本拠地は県南西端部の所沢市。
     所沢からは新宿と池袋に向いた西武鉄道や、人の流れの"導線"も相まって、
     東京都の西部と所沢市・その周辺にファンが多いという現象になっている。

     このため、埼玉県の中心部であるさいたま市周辺での顧客を確保しづらく、
     埼玉県という巨大なフランチャイズが完全に活かせているとは言い難い状況にある。

    【2005/07/29 13:23】 野球全般 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    千葉マリンスタジアムに、来季からフィールドシート新設
    フィールドシート新設のイメージ図
    フィールドシート新設のイメージ図

    フィールドシートを新設 千葉マリン、来季から
    http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=DLT&PG=STORY&NGID=home&NWID=2005072801002409


    既に2005年度の千葉市の予算に2億円(?)ほど計上されていました、
    千葉マリンスタジアムのフィールドシート新設の計画。
    その大まかな概要が発表されたようです(公式発表は明日以降かな?)

    内野の現在はファウルゾーンとなっている部分に、
    スタンドからせり出す形で1・3塁側各515席、計1030席を新設。
    最前列は高さ1mのフェンスを挟み、ほぼ選手と同じ目線で観戦できるそうです。

    国内ではスカイマークスタジアム(神戸)が他に先駆けて導入し、
    今年は東京ドームでも新設されたフィールドシート。
    観客と選手の距離を縮め、よりエキサイティングな観戦が可能になるということで、
    もっと他の球場でも可能な限り導入して欲しいと思います。

    もちろんライナー性のファウルなどによる危険は懸念されますが、
    逆に観戦する側も意識を強く持って観戦することが重要になりますね。


    あとは…天然芝化を希望(^^;

    [続きを読む]

    巻が日本代表に追加招集
    日本代表に追加招集された巻
    追加招集され、初の代表入りとなったFW・巻

    184cmの長身FWのドタバタ選出
    http://www.nikkansports.com/ns/soccer/japan/p-sc-tp3-050728-0010.html


    ジェフの"爆撃機"巻誠一郎が、日本代表に初選出されました。
    これは選出されていた横浜F・マリノスの久保が怪我を理由に辞退したため。

    今シーズンはJリーグでも、日本人では大黒に次ぐ8得点(全体で4位)を挙げブレイク中。
    何より、184cmの長身と滞空時間の長さを活かした空中戦の強さは、
    今のスピード重視な日本代表のFW陣には無い武器と言えます。

    ただ鹿島アントラーズの鈴木にみられる、後ろを向いてのポスト役というよりは、
    サイドからのクロスやセットプレーを「点」で合わせるタイプなので、
    そのあたりを日本代表の中でどう活かせるか、ということになりそうです。
    出場時間は短くなりそうですが、その中でアピールしてほしいですね。


    個人的には東アジア選手権は正直、"観るモチベーション"的には低いものでしたが、
    阿部と巻の選出で俄然楽しみになってきました。

    7/27 vsライオンズ ●1-5
    加藤が6回2/3を5失点
    加藤が6回2/3を5失点と奮わず

    松坂が8勝目。マリーンズは5連勝ならず
    http://www.nikkansports.com/ns/baseball/f-bb-tp0-050727-0056.html

    先発の加藤が6回2/3を5失点と散々な出来。
    打線も松坂を打てず、好機も相手のファインプレーなどで活かせずでした。

    さて、木・金と2日休養日がありますが、土日は福岡での対ホークス2連戦。
    6月末の千葉マリンでは連敗を喫しているだけに、連勝で借りを返したいですね。
    打線の鍵は、ここのところ不調なフランコとベニーかな?

    7/26 vsライオンズ ○3-2
    後半戦初戦は小野で勝利
    7勝目を挙げた先発の小野


    オールスターが終わり、いよいよプロ野球は後半戦が開幕。
    前半戦のマリーンズは(自虐的ですが…)近年に無い快進撃で、
    交流戦を通じてはパ・リーグに留まらず球界全体を引っかき回しました。

    後半戦は、首位ホークスを4.5ゲーム差で追いかける展開。
    プレーオフ進出はほぼ確実と言えるものの、1位でのプレーオフ進出を果たすために、
    何としても追いつき追い越したいものです。


    その後半戦初戦となった金沢でのライオンズ戦は、雨天のため16分順延しての開始。
    和田のソロHRで先制されるも、5回に4連打で3点を取り逆転。
    その後は藪田を挟んで小林雅が(1点を返されたものの)抑え勝利。
    これで前半戦から通して4連勝となりました。

    先発の小野は7回を投げ5安打8奪三振1失点の内容で7勝目。
    防御率2.61が示す通りの危なげないピッチングでした。

    今日も北陸シリーズということで富山での試合。もちろん5連勝に期待。

    まだ使い方が良く分からなかったり…
    少し色々と弄ってみたりしてますが、fc2ブログがどんなもんかな~という手探りの状態です。

    HTMLタグを使うHPは以前にやって挫折した苦い記憶がありまして(苦笑)、
    基本的には「投稿するだけブログ」が楽でいいんですよね。
    まあ、慣れてきたら色々やってみようかな、と(多分やらないな)

    ちなみにアフィリエイトを導入してみたのは商用云々というよりは、
    アフィリエイトが具体的にどんなもんかってのを確認したかったためです。
    まあ、商用目的のブログにはしませんし、オマケみたいなもんです。

    明日(というかもう今日ですが)からマリーンズの後半戦も始まりますし、
    いよいよ再開かな、という感じです。
    【2005/07/26 00:10】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    移転してきました
    今日からfc2ブログに移転しました。
    以前のブログはhttp://blogs.yahoo.co.jp/rosso_milan1980です。

    とりあえず今日はお知らせまで。
    【2005/07/25 08:33】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。