COLONNA E SPORT
こちらは、野球とサッカーを中心とした様々なスポーツについての"スポーツ・コラム・カフェ"です。スポーツ好きな方もそうでない方も、ゆっくりとスポーツ談義は如何でしょうか?


PROFILE
ringhio8
  • Author:ringhio8
  • ringhio8←の由来
    私の好きなACミランのジェンナーロ・ガットゥーゾ選手のアダ名「ringhio(リンギオもしくはリーノ…猛犬の意)」と、彼の背番号8番からです。
    私自身は猛犬とはほど遠いですが…(^^;

    ※エントリーへのコメント、トラックバックは大歓迎ですが、エントリーの趣旨とは無関係のものやアダルト関連のものは削除致しますのでご了承下さい。

    ※相互リンクは大歓迎ですが、一言連絡あると有り難いです┏○))ペコリ
  • RSS1.0


  • CALENDER
    07 | 2005/08 | 09
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -


    RECENT ENTRIES
  • アジア・ウィンターリーグ開催へ(04/03)
  • 球数制限・連投制限導入と日程の改善を(04/01)
  • 【WBC】始めたことに意義あった大会-WBC総括-(03/25)
  • 【WBC】決勝は日本vsキューバに(03/20)
  • 【WBC】「誤審」を引きずるな(03/15)
  • 【WBC】2次リーグ展望-2組-(03/12)
  • 【WBC】2次リーグ展望-1組-(03/12)


  • RECENT COMMENTS
  • 今日もコレクト!(05/01)
  • ken(03/02)
  • ringhio8(02/14)
  • Bee(02/14)
  • ringhio8(02/07)
  • ringhio8(12/13)
  • めろこ(12/11)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 大学情報局:<% rtrackback_title>(10/03)
  • 話題のキーワード:<% rtrackback_title>(10/03)
  • インラインスケートのレス:<% rtrackback_title>(08/24)
  • さらの記録:<% rtrackback_title>(08/04)
  • 大学受験最新ガイド:<% rtrackback_title>(08/01)


  • ARCHIVES
  • 2006年04月 (2)
  • 2006年03月 (14)
  • 2006年02月 (27)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年12月 (4)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (28)
  • 2005年09月 (12)
  • 2005年08月 (30)
  • 2005年07月 (11)


  • CATEGORY
  • トリノ五輪 (24)
  • 野球全般 (22)
  • WBC-野球日本代表 (16)
  • NPB-プロ野球 (23)
  • 千葉ロッテマリーンズ (30)
  • サッカー全般 (3)
  • サッカー日本代表 (9)
  • Jリーグ (4)
  • ジェフユナイテッド千葉 (5)
  • 競馬 (6)
  • 未分類 (11)


  • LINKS
  • Blog di Rosso
  • Bocs Eira~雪の箱
  • JOSYO~サッカーに魅了された者たちへ~



  • ブログ(blog)ならFC2
    人気blogランキングへ
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

    交流戦は来季とほぼ同じ日程で
    交流戦は来季も5-6月 プロ野球実行委員会
    http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/headlines/20050801-00000051-kyodo_sp-spo.html

    本日1日、プロ野球実行委員会が都内で開かれ、下記の3つの事項について決定致しました。


    (1)交流戦は5/9~6/18まで

    まあ、妥当な日程でしょうか。一部に意見のある春秋に分かれての開催は、
    逆に交流戦の良い意味での"非日常感"を削ぐのではないかと思います。
    ただ基本的に私は、現在の収益構造の偏った中での2リーグ制は無意味である、
    という意見ですので、発展的余地を残した1リーグ制への移行も考慮すべきでしょう。
    そうなった場合、交流戦は色んな意味での「リハーサル」になると思われます。


    (2)分離ドラフトとなる高校生ドラフトは10/3に(9/26終了時点での順位を採用)

    私個人としては、この分離ドラフト制度には反対なのですが…。
    この新制度については選手会が同意していないため、今後また変わる可能性もあります。
    選手会が提案している"クロスウェーバー(高校生は上位から、その他は下位から指名)"
    なんてのも反対ですが。妥協の産物をこれ以上産んでどうしようと言うのでしょう。


    (3)来年のオールスターは7/21に神宮、22に宮崎で。再来年の新潟は内定取り消し。

    これも以前のblogで書いたように、オールスターは1試合に限定すべきと思います。
    宮崎のサンマリンスタジアムは名前はともかく内外野天然芝の素晴らしい球場です。
    できればこちらの1試合限定でやってほしいものですが…。
    新潟は震災の影響も仕方無いところ。ところでアルビレックス球団の話はどこへ?

    スポンサーサイト
    【2005/08/01 22:10】 野球全般 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    7/31 vsホークス ○12-2
    3回にタイムリーを放った橋本
    12点大勝で首位攻防2連戦は"五分"に

    ベニー退場でマリンガン点火、マリーンズ12点
    http://www.nikkansports.com/ns/baseball/p-bb-tp0-050801-0021.html
    8・2千葉マリンに楽器持ち込みOK
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050726-00000021-sanspo-spo


    第1戦とはうって変わっての大勝。これで何とか五分に出来ました。

    ベニーが初回に球審の判定に抗議をし、退場。
    これでマリーンズ打線が奮起した…のかどうかはわかりませんし、
    こういうことが無いと奮起できないのならばそれはそれで問題な気がしますし(汗
    ともあれその後は連打と大塚のHRで一気に6得点。

    先発の渡辺俊は比較的いい当たりを打たれるも、それが野手の正面を突く当たり。
    ホークスの反撃も単発のHR2本のみに抑え、完投で11勝目を挙げました。
    また、これで渡辺俊は登板試合の"援護点2ケタ試合"が7試合目だとか。
    背番号18を付けてるエースが横目で恨めしそうにしているかも。


    明日2日からはマリンスタジアムでの9連戦で、私も行けたらどこかで行くつもりです。
    ちなみに明日2日のイーグルス戦は「シンフォニック・マリスタ・ナイト」と銘打って、
    ファンに楽器を持参してもらい、7回表終了時にあの「Take Me Out to the Ball Game」を
    皆で演奏しよう、という試みが開催されるそうです(持参した方は内野自由席が割引に)

    腕に自信のある方は、是非マリンスタジアムへ披露されてみては如何でしょうか?


    東アジア選手権 北朝鮮戦は0-1で敗れる
    日本、北朝鮮に敗れる
    痛恨のミスで北朝鮮に敗れる…

    「枠へ飛ばない」と嘆く前に(7月31日@大田)
    宇都宮徹壱の日々是東亜2005
    http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/column/200508/at00005590.html
    日本ミスから痛恨失点/東アジア
    http://www.nikkansports.com/ns/soccer/japan/f-sc-tp3-050731-0028.html


    実は、所用あって試合をまともに観られませんでした… orz
    失点したシーンのミスの連続や、入りそうで入らない相手ゴール前での攻防などは
    ダイジェストや夜のニュースで少しだけ見たのですが。
    詳しく観てないので、多くを語れない前提で書きます。

    観た方の意見を聞くと、チームがキリンカップの時に「戻ってる」とのこと。
    つまりコンフェデレーションズカップで"世界レベル"にも通用することを見せたチームではなく、
    キリンカップやその前のアジア予選で苦戦し、サポーターをやきもきさせたチームだった、と。

    具体的には、例えばボールはキープし支配率は相手を上回っているものの、
    それはキープしかできない(させてもらえない)状態によるものであって、
    ゴールへのプロセスや結果に繋がるようなものでは無かったと。
    オフザボールでの動き出しやパスのタイミングが合わず、ボールホルダーは延々と
    パスの出し所を探す→無くて安全策(横・後ろへのパス)の連続。

    ジーコ監督は「シュートが枠に飛ばなかった」と嘆いていたようです。
    しかし、これはジーコジャパンになってからずっと言われていることですが、
    "シュートをいい形で打てる"までのプロセス作りに問題があったのではないでしょうか。

    明確な形を持たず、選手の技術と発想による"プロセス作り"はジーコサッカーの特徴ですが、
    それは欧州組(つまりは中村、中田英)がいてこそ、というのがはっきりしてきています。
    国内組ではそれが小笠原1人に委ねられ、彼の出来次第というチームになっているわけです。
    また、それでうまくいかない時はショートパスで足元ばかりへの単調なサッカーになりがちです。
    こういう場合は、少ない手順でサイドを効率良く使う"プロセス作り"が重要になってきますが、
    図らずともこういうに限って三都主、加地が抑えられてしまい、手詰まりになることが多いですね。

    もっとワイドにスペースへの攻撃を展開すること、その意識を選手が持つことが必要になります。
    もちろん、「監督の意思」を明確に伝える一番最良の方法は選手交代であるわけで、
    例えば阿部を投入して小笠原の攻撃の負担を減らす、といったことも可能だったかもしれません。
    こういう選手交代論は後の祭り・結果論ですが…。

    今後、ジーコ監督が「これではダメだ」と新たなやり方(特に国内組で闘う時)を模索し、
    そのための選手選出、そのための練習、そのためのテストマッチをやれるのか。
    それとも「欧州組が来れば大丈夫だから」と、チームの底上げを諦め割り切ってしまうのか。
    それはジーコ監督にしかわかりませんが、今一度、前者にチャレンジして欲しいところです。

    (結局多くを書いてますが、"キリンカップ時と同じだった"というので何となく想像が付いてしまって)

    【2005/08/01 09:43】 サッカー日本代表 | TRACKBACK(4) | COMMENT(4) |



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。