COLONNA E SPORT
こちらは、野球とサッカーを中心とした様々なスポーツについての"スポーツ・コラム・カフェ"です。スポーツ好きな方もそうでない方も、ゆっくりとスポーツ談義は如何でしょうか?


PROFILE
ringhio8
  • Author:ringhio8
  • ringhio8←の由来
    私の好きなACミランのジェンナーロ・ガットゥーゾ選手のアダ名「ringhio(リンギオもしくはリーノ…猛犬の意)」と、彼の背番号8番からです。
    私自身は猛犬とはほど遠いですが…(^^;

    ※エントリーへのコメント、トラックバックは大歓迎ですが、エントリーの趣旨とは無関係のものやアダルト関連のものは削除致しますのでご了承下さい。

    ※相互リンクは大歓迎ですが、一言連絡あると有り難いです┏○))ペコリ
  • RSS1.0


  • CALENDER
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    RECENT ENTRIES
  • アジア・ウィンターリーグ開催へ(04/03)
  • 球数制限・連投制限導入と日程の改善を(04/01)
  • 【WBC】始めたことに意義あった大会-WBC総括-(03/25)
  • 【WBC】決勝は日本vsキューバに(03/20)
  • 【WBC】「誤審」を引きずるな(03/15)
  • 【WBC】2次リーグ展望-2組-(03/12)
  • 【WBC】2次リーグ展望-1組-(03/12)


  • RECENT COMMENTS
  • 今日もコレクト!(05/01)
  • ken(03/02)
  • ringhio8(02/14)
  • Bee(02/14)
  • ringhio8(02/07)
  • ringhio8(12/13)
  • めろこ(12/11)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 大学情報局:<% rtrackback_title>(10/03)
  • 話題のキーワード:<% rtrackback_title>(10/03)
  • インラインスケートのレス:<% rtrackback_title>(08/24)
  • さらの記録:<% rtrackback_title>(08/04)
  • 大学受験最新ガイド:<% rtrackback_title>(08/01)


  • ARCHIVES
  • 2006年04月 (2)
  • 2006年03月 (14)
  • 2006年02月 (27)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年12月 (4)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (28)
  • 2005年09月 (12)
  • 2005年08月 (30)
  • 2005年07月 (11)


  • CATEGORY
  • トリノ五輪 (24)
  • 野球全般 (22)
  • WBC-野球日本代表 (16)
  • NPB-プロ野球 (23)
  • 千葉ロッテマリーンズ (30)
  • サッカー全般 (3)
  • サッカー日本代表 (9)
  • Jリーグ (4)
  • ジェフユナイテッド千葉 (5)
  • 競馬 (6)
  • 未分類 (11)


  • LINKS
  • Blog di Rosso
  • Bocs Eira~雪の箱
  • JOSYO~サッカーに魅了された者たちへ~



  • ブログ(blog)ならFC2
    人気blogランキングへ
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

    オリックス・バファローズの「人気補強策」や如何に
    仰木彬氏が死去 野茂、イチローを育成
    http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/headlines/20051215-00000061-kyodo_sp-spo.html

    清原、オリックス入り表明=「地元大阪で精いっぱいプレーしたい」
    http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/headlines/20051220-00000069-jij-spo.html
    中村がオリックス入り 清原に続く強打補強
    http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/headlines/20051221-00000013-kyodo_sp-spo.html


    まず本エントリーに先立って、やや遅いニュースではあるが、
    仰木彬前オリックス監督が15日、福岡市内の病院で亡くなった。70歳だった。

    初めは黄金期の西武ライオンズに立ち向かう近鉄バファローズの監督として、
    そしてイチローを擁したオリックス・ブルーウェーブの監督として、
    計3度のリーグ優勝と1度の日本一を成し遂げ、80年代後半から90年代にかけての
    パシフィックリーグを盛り上げた第一人者だった。

    「仰木マジック」と呼ばれたその采配は、常識を覆し意表を突くものと言われたが、
    継投や相手との相性重視のオーダーなど、基本的には繊細且つ理詰めで、
    "マジック"はややイメージ先行のきらいもあるのではないかと思う。
    また、脇役と呼ばれる地味な選手を用いるのが巧かった監督でもある。
    近鉄時代の大石、村上、オリックスでは大島や馬場、本西などだ。

    そして何と言っても、野茂、イチローという2人の偉大なメジャーリーガーを生んだ。
    仰木氏1人で野茂、イチローといったメジャーリーガーを育てたわけではないが、
    その一端を担った功績は大きい。つくづく、その早く急な死が惜しまれる。

    その仰木氏が、かつて自らが指揮した2つの球団が合併し、
    「オリックス・バファローズ」となった球団の初年度を率いたのは当然の流れ、
    というか、その中で指揮できる人材は仰木氏しかいなかったのだろう。
    病魔に蝕まれながらの1年は辛かっただろうが、謹んでご冥福をお祈りしたい。


    昨年の再編騒動と合併ですっかりダーティーなイメージが先行している
    そのバファローズだが、ここへ来て積極補強を展開。そう、清原の獲得と中村の復帰だ。
    2人を獲得するのには、当然、長打力不足(今季のチーム最多本塁打がガルシアの21本)
    を補う意味もあるだろうが、何より大きいのは人気面、興行的な面だろう。

    合併で大阪ドームとスカイマークスタジアム(神戸)のダブルフランチャイズとなったが、
    観客動員は2倍とはならなかった。合併という方策事態がマイナスなイメージがあるのと、
    デジタルには動かない"ファン感情"があるためであり、これは当然のことだ。
    単純な現在の観客動員数を根拠に、球団を減らして1リーグ制にすれば
    1球団あたりの観客数(=ファン数)は増える、などという考え方の人もいるが、
    今年のオリックスを見ればそれが成り立たないことが良くわかる。

    結果、スカイマークスタジアムでは1試合平均2万人以上をキープしたものの、
    大阪ドームでは、招待券やプレゼントなどのキャンペーンなどを張ったにも関わらず、
    1試合平均2万人を切ってしまった。両球場の環境の違いなどはあるが、
    ダブルフランチャイズを両方で成り立たせるのが難しい実態が見え隠れする。


    そこで、絶大な人気とスター性を持った清原と中村というわけである。

    清原は今さら説明するまでもないが、西武黄金時代に4番打者として君臨。
    タイトルこそ無いものの、出塁率やOPS(強打者を計る指標で、出塁率+長打率)は
    かなり高い数値を示してきた。そして1996年オフに、FAでジャイアンツへ移籍。
    ジャイアンツ移籍後は度重なる怪我に悩まされ批判を浴びてはいるが、
    今季も96試合で22本塁打、打率はともかく、出塁率は3割をキープしている。

    大阪出身ということ。憧れの球団を自由契約になり、後の無い状態で
    新天地へかける意気込み、これらはある程度好意的に受け止められるだろう。
    あとは、関西のメディアがどう取り上げ、それをファンがどう読みとるかである。
    もちろん、本人の問題は怪我をしないこと、この一点に尽きる。
    でなければ、チームの顔として、戦力としても興行面でも貢献はできるだろう。

    そして中村だが、こちらはやや事情が異なる。
    昨年、再編騒動に嫌気が差したのもあろう、合併したオリックスへは行かず、
    MLBへポスティングシステムでの移籍を決意し、ロサンゼルス・ドジャースに入団。
    しかしメジャーでは17試合で本塁打はゼロ、打率も出塁率も1割台と散々だった。
    マイナーのラスベガスでも、本塁打はそれなりに打った(101試合で22本)が、
    打率は.249で出塁率は.331。何より、「マイナーレベル」という烙印を押されてしまった。

    そこで今回の復帰(移籍)となったわけだが、マイナーでの成績も含めると、
    2003年からの3年間は出場試合数も本塁打数もやや低調なのが気がかりだ。
    かつて本塁打王(2000年)や打点王(2000、2001年)を獲得した時のイメージでいると、
    やや痛い目を見るかもしれない。こちらも、コンディションが重要になるだろう。


    もちろんこの2人にかかる期待は大きくはなるが、
    それが無くても今のバファローズにはなかなか駒は揃っている。
    今季は低調だったが、村松、谷といった実力・実績共にある外野手、
    阿部、平野恵という走攻守揃い、確実性のある2人の(近い将来の)主力に、
    塩崎、北川、水口らのベテラン勢。そして外国人では2年目となるブランボーに、
    中村と同じラスベガスでプレーしていたグラボウスキ。こちらは広角に打てる打者だ。

    やや落ちるのが投手陣、特に先発陣で、この球団の最大のウイークポイントだろう。
    今季球団唯一の2桁勝利(14勝)のJPは残留を断念(ジャイアンツへの入団が濃厚)、
    2年目の光原(今季7勝)、ベテランの川越、吉井(共に6勝)、今季はカープで投げた
    外国人のデイビー(6勝)ぐらいしか、現時点では先発候補がいない。
    マリーンズを退団になったセラフィニ(11勝)を獲得するという話だが、
    それにしても、年間200イニングを投げてきたJPの退団は痛い。

    今季は中継ぎ陣が防御率1点台の菊地原、大久保、2点台の歌藤、香月、加藤と、
    12球団一とも言える安定した成績を残したが、来季はさらに負担をかけそうだ。
    希望枠で獲得した平野佳に期待をかけなくてはならないのは厳しいだろう。


    清原と中村の話に戻るが、バファローズは共に単年契約を提示しているという。
    これには近鉄とオリックスの合併協議の中での、「2007年までダブルフランチャイズ」
    という点が鍵になる。大阪ドームで思ったような観客動員、収益を望めなければ、
    2008年からはまた神戸での単独フランチャイズに戻るのではないか。
    その間、関西での「対阪神」という観点から、球団としてのアイデンティティーを
    獲得するための起爆剤が、清原、中村なのではないか、というのは深読みであろうか。

    どちらにしても、バファローズという合併球団が阪神一色な関西の中で、
    どう球団のアイデンティティーと人気を確保していくのか。
    そして「重量打線」となった来年のバファローズはどう闘うのか。
    また来年のパ・リーグの楽しみが増えた。
    スポンサーサイト

    【2005/12/21 18:39】 NPB-プロ野球 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    http://ringhio8.blog17.fc2.com/tb.php/107-b40d9550



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。