COLONNA E SPORT
こちらは、野球とサッカーを中心とした様々なスポーツについての"スポーツ・コラム・カフェ"です。スポーツ好きな方もそうでない方も、ゆっくりとスポーツ談義は如何でしょうか?


PROFILE
ringhio8
  • Author:ringhio8
  • ringhio8←の由来
    私の好きなACミランのジェンナーロ・ガットゥーゾ選手のアダ名「ringhio(リンギオもしくはリーノ…猛犬の意)」と、彼の背番号8番からです。
    私自身は猛犬とはほど遠いですが…(^^;

    ※エントリーへのコメント、トラックバックは大歓迎ですが、エントリーの趣旨とは無関係のものやアダルト関連のものは削除致しますのでご了承下さい。

    ※相互リンクは大歓迎ですが、一言連絡あると有り難いです┏○))ペコリ
  • RSS1.0


  • CALENDER
    03 | 2017/04 | 05
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • アジア・ウィンターリーグ開催へ(04/03)
  • 球数制限・連投制限導入と日程の改善を(04/01)
  • 【WBC】始めたことに意義あった大会-WBC総括-(03/25)
  • 【WBC】決勝は日本vsキューバに(03/20)
  • 【WBC】「誤審」を引きずるな(03/15)
  • 【WBC】2次リーグ展望-2組-(03/12)
  • 【WBC】2次リーグ展望-1組-(03/12)


  • RECENT COMMENTS
  • 今日もコレクト!(05/01)
  • ken(03/02)
  • ringhio8(02/14)
  • Bee(02/14)
  • ringhio8(02/07)
  • ringhio8(12/13)
  • めろこ(12/11)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 大学情報局:<% rtrackback_title>(10/03)
  • 話題のキーワード:<% rtrackback_title>(10/03)
  • インラインスケートのレス:<% rtrackback_title>(08/24)
  • さらの記録:<% rtrackback_title>(08/04)
  • 大学受験最新ガイド:<% rtrackback_title>(08/01)


  • ARCHIVES
  • 2006年04月 (2)
  • 2006年03月 (14)
  • 2006年02月 (27)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年12月 (4)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (28)
  • 2005年09月 (12)
  • 2005年08月 (30)
  • 2005年07月 (11)


  • CATEGORY
  • トリノ五輪 (24)
  • 野球全般 (22)
  • WBC-野球日本代表 (16)
  • NPB-プロ野球 (23)
  • 千葉ロッテマリーンズ (30)
  • サッカー全般 (3)
  • サッカー日本代表 (9)
  • Jリーグ (4)
  • ジェフユナイテッド千葉 (5)
  • 競馬 (6)
  • 未分類 (11)


  • LINKS
  • Blog di Rosso
  • Bocs Eira~雪の箱
  • JOSYO~サッカーに魅了された者たちへ~



  • ブログ(blog)ならFC2
    人気blogランキングへ
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

    村上ファンドの目的と、タイガース上場の可能性
    村上ファンド:阪神電鉄・筆頭株主 球団の上場提案 ファンの出資想定、実現は難航も
    http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/kigyou/archive/news/2005/10/05/20051005ddm001020005000c.html
    知りたい!:プロ野球 タイガースの上場提案、村上氏「ファンのため」
    http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/pro/archive/news/2005/10/05/20051005dde001050053000c.html
    阪神球団上場 「ファンの球団」は魅力的だ by毎日新聞社説
    http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/shasetsu/news/20051006k0000m070130000c.html
    ※スポーツ紙等をソースにしないのは、無意味な煽りと阪神に依った書かれ方をしていると感じたため。


    阪神タイガース優勝後から、阪神電鉄の株を買い増しした村上ファンド。
    ついには筆頭株主になり、電鉄の人事や経営への介入、そして、阪神電鉄の100%子会社である
    阪神タイガースの経営への介入(株式上場の提案)を明らかにした。


    まずこの件を簡単に説明すると、阪神電鉄は上場している株式会社である。
    この株式を、投資会社である「村上ファンド」が購入し続け、筆頭株主になった。
    そして議決権を行使できる割合を超え、さらには過半数に到達しようとしている。
    当然、筆頭株主は株主総会などを通じて経営や人事に介入できる。

    しかし、村上ファンドの目的は総延長40km程度の電鉄会社への投資、その経営ではない。

    100%子会社である阪神タイガースは、多くのファンを抱える球界屈指の人気球団。
    経営も黒字で、現在はチームとしても強く、事実今シーズンはリーグ優勝を成し遂げた。
    また、阪神電鉄が所有している不動産(土地・建物)の中には、帳簿上の価格が非常に安く、
    現在の評価額を考慮すれば、その含み益は大きな利益が出るものが多くあるという。
    村上ファンドはこれらに目を付け、当然投資会社であるから、利益を得ようとしているのである。

    さらに、村上ファンド側は「阪神タイガースの株式上場」という提案をしたようだ。
    株式上場の目的は主に2つあり、資金調達と信用性の向上、つまりはステータスアップである。
    どちらも、現在の阪神タイガースには十二分に足りているとみられているが、
    村上氏の説明によれば「株式をファンや地元経済界に購入してもらい、市民球団化させる」という。

    この部分については、昨年バファローズの買収を表明し、その後の新規参入審査で"落選"した
    ライブドアの堀江氏も、新球団の経営にあたっては似たような提案をしていた。
    しかし、日本ではプロスポーツクラブの株式上場は例がなく、NPBの野球協約上も想定されていない。


    プロスポーツクラブの株式上場は欧州では珍しくなく、特にサッカークラブにおいては
    イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドや、ニューキャッスル、リーズなど。
    イタリアではラツィオ、ローマ、そしてユベントス、ドイツではボルシア・ドルトムントなどが株式を上場している。
    (スペインではサッカークラブは非営利会社の形態が義務付けられているので、上場は不可)

    主目的は資金調達で、特に欧州サッカー界では1995年に出された「ボスマン判決」以降、
    有力選手の移籍が活発化し、それによる年俸や移籍金の高騰が相次いだ。
    それがために株式上場を余儀なくされたという側面もある。

    また、株式上場によって世界的なビッグクラブへと成長したマンチェスター・ユナイテッドは、
    今年5月にはアメリカの実業家、マルコム・グレイザー氏に買収されている。
    このグレイザー氏の経営手法を巡って、サポーターからの強烈な反対運動は現在も続いている。

    日本でも、仮にプロスポーツクラブが上場された時に危惧されるのはこの点だろう。
    ワンマンオーナーが買収し、経営はもちろんチーム編成・人事にまで介入しクラブを掻き回す。
    または暴力団関連や好ましくないの会社による買収や介入の懸念。
    また、チームの成績に影響されるため、好転してる時はいいが、セリエAのラツィオやローマのように、
    非効率な投資や経営をした挙げ句に破産寸前にまで陥るという懸念もある。


    これらのことから、タイガースファンが反対する気持ちもわからないでもない。
    しかし単純に「買収」に嫌悪感を持っているだけで、事実関係やその可能性も知らずに
    ただ反対するのは近視眼的だ。詳しい説明もせず、それを煽る一部のメディアに責任があるのだが。

    「現状でうまくいってる阪神タイガースを、これ以上儲けようとする意味はない」という意見があるようだ。
    確かに、タイガースは球界では数少ない黒字球団で、それも多くの熱狂的なファンのおかげだ。

    しかし球界全体を見れば、プロ野球経営は赤字だ。ジャイアンツ戦の放映権に頼った収益構造と、
    "赤字でも構わない(赤字は親会社が広告宣伝費名目で補填できるため)"という意識が要因だ。
    一部の球団が利益を独占し、それを多数の球団(パ・リーグ)が赤字で支えているという構図。
    その構図に限界が来ているのは、昨年の再編問題が示している。

    そういう意味では、球団経営の新しい形としての「株式上場」は検討する価値はある。

    タイガースは数少ない黒字球団であり、株式を上場した際のプラス効果も莫大だ。
    "プロ野球での利益"を親会社やグループ会社の不採算部門に吸い取られることなく、
    球団や球場、ひいてはファンに、つまりプロ野球界にその利益はそのまま還元されることになる。
    弱小・不人気球団であっても、株式を上場していればそれを廉価で買収し、
    経営を立て直して球団の資産価値を高め、高く売るというビジネスモデルも可能になるのだ。


    現実的には、現行のプロ野球協約上、球団は株式会社の形態を採ることを想定されていない。
    球団を保有する会社の変更には承認を必要とするし、株式の移動も、報告する義務がある。
    その部分に関してはこれから詰めて行くとみられるが、一部のオーナーからは反対意見が出ている。
    「NPBの最高決定機関」であるオーナー会議で承認されるのは難しいだろう。
    また、コミッショナーやNPBにはそれを勘案する能力も権限も無い。

    そのため、村上ファンド側もそれを見越して早い段階で阪神電鉄の株式を売却して差益を確保し、
    この騒動に終止符を打つ可能性も指摘されている。あくまで村上ファンドは投資会社であって、
    痛みを伴ってまで球界を改革しようとするお人好しな会社ではない。


    しかし優勝に浮かれ、村上ファンドの電鉄株買収を頭ごなしに非難するタイガースファンはもちろん、
    経営に無関心な「野球ファン」の皆様には、NPBのあり方も球団経営も今のままでは、
    球団の合併・消滅によるリーグの再編騒動を再び引き起こし、球界は縮小均衡に向かい、
    プロ野球人気はさらに低下するということだけは認識してもらいたいと思う。
    スポンサーサイト

    【2005/10/07 01:17】 NPB-プロ野球 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    http://ringhio8.blog17.fc2.com/tb.php/57-3d8affab



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。