COLONNA E SPORT
こちらは、野球とサッカーを中心とした様々なスポーツについての"スポーツ・コラム・カフェ"です。スポーツ好きな方もそうでない方も、ゆっくりとスポーツ談義は如何でしょうか?


PROFILE
ringhio8
  • Author:ringhio8
  • ringhio8←の由来
    私の好きなACミランのジェンナーロ・ガットゥーゾ選手のアダ名「ringhio(リンギオもしくはリーノ…猛犬の意)」と、彼の背番号8番からです。
    私自身は猛犬とはほど遠いですが…(^^;

    ※エントリーへのコメント、トラックバックは大歓迎ですが、エントリーの趣旨とは無関係のものやアダルト関連のものは削除致しますのでご了承下さい。

    ※相互リンクは大歓迎ですが、一言連絡あると有り難いです┏○))ペコリ
  • RSS1.0


  • CALENDER
    07 | 2017/03 | 08
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    RECENT ENTRIES
  • アジア・ウィンターリーグ開催へ(04/03)
  • 球数制限・連投制限導入と日程の改善を(04/01)
  • 【WBC】始めたことに意義あった大会-WBC総括-(03/25)
  • 【WBC】決勝は日本vsキューバに(03/20)
  • 【WBC】「誤審」を引きずるな(03/15)
  • 【WBC】2次リーグ展望-2組-(03/12)
  • 【WBC】2次リーグ展望-1組-(03/12)


  • RECENT COMMENTS
  • 今日もコレクト!(05/01)
  • ken(03/02)
  • ringhio8(02/14)
  • Bee(02/14)
  • ringhio8(02/07)
  • ringhio8(12/13)
  • めろこ(12/11)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 大学情報局:<% rtrackback_title>(10/03)
  • 話題のキーワード:<% rtrackback_title>(10/03)
  • インラインスケートのレス:<% rtrackback_title>(08/24)
  • さらの記録:<% rtrackback_title>(08/04)
  • 大学受験最新ガイド:<% rtrackback_title>(08/01)


  • ARCHIVES
  • 2006年04月 (2)
  • 2006年03月 (14)
  • 2006年02月 (27)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年12月 (4)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (28)
  • 2005年09月 (12)
  • 2005年08月 (30)
  • 2005年07月 (11)


  • CATEGORY
  • トリノ五輪 (24)
  • 野球全般 (22)
  • WBC-野球日本代表 (16)
  • NPB-プロ野球 (23)
  • 千葉ロッテマリーンズ (30)
  • サッカー全般 (3)
  • サッカー日本代表 (9)
  • Jリーグ (4)
  • ジェフユナイテッド千葉 (5)
  • 競馬 (6)
  • 未分類 (11)


  • LINKS
  • Blog di Rosso
  • Bocs Eira~雪の箱
  • JOSYO~サッカーに魅了された者たちへ~



  • ブログ(blog)ならFC2
    人気blogランキングへ
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

    FA選手市場を考える(1) -今年のFA資格公示選手は69人-
    城島ら11人がFA権初取得=豊田らの動向に注目
    http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/headlines/20051019-00000070-jij-spo.html
    2005年度 フリーエージェント資格選手(NPB公式サイト)
    http://www.npb.or.jp/players/2005fa_qualifier.html


    プロ野球組織(NPB)は19日、フリーエージェント(FA)資格を持つ69人の選手を公示した。
    今季新たに取得したのは11人。FAを行使後、再び取得した選手は4人となった。
    行使する見込みが高い選手の中では、ホークスの城島のMLB移籍なるかが注目される。


    最初におさらいをすると、フリーエージェント(以下FA)とは、
    選手が自由に好きな球団と交渉ができ、契約できる権利のことである。

    NPBでは球団が解雇するか、選手がFAの権利を取得しない限り、自由な移籍は認められない。
    また、ドラフト制度という(選手の新入団を制限する)形で戦力均衡策を取っているのに対し、
    FAは主に選手側の権利で、行使することで自由に好きな球団へ移籍することが可能となる。
    現在NPBでは、FA権取得のためには、1軍登録日数を「9年間分」積み上げる必要がある。

    FA権を取得すると、行使するか否かの選択ができる。
    行使しない場合、その権利は翌年以降に持ち越されていく。
    また、行使して移籍(もしくは残留)した場合、再び1軍登録日数を「4年間分」積み重ねると、
    FA権を再取得できる。それ以降は、前述に挙げた事例の繰り返しとなる。

    そして今回、新たにFA権を取得したのは、城島(ホークス)、井上(マリーンズ)、
    豊田、石井貴、高木浩(いずれもライオンズ)、谷(バファローズ)、岩本(ファイターズ)、
    金田(イーグルス)、野口、井上(いずれもドラゴンズ)、山部(スワローズ)の計11人だ。


    この中でFA権を行使するとみられているのが、まずホークスの城島だ。
    城島は既に「ホークスに残留するか、MLBへ移籍するか」の2択で行使する、としている。
    ホークスは3年で30億とも言われる大型契約を用意しているとも言われているが、
    MLBへの思いも強いようだ。実現すれば、日本人としては初のメジャー捕手となる。
    ただ、現在骨折をしており、これが微妙に情勢に影響する可能性もある。

    次に、ライオンズの豊田。クローザー(抑え投手)として、通算116セーブの実績がある。
    ここ2年間は怪我もありやや低調(去年が11セーブ、今年が19セーブ)だが、
    2002、2003年には共に38セーブを挙げ、パ・リーグの最優秀救援投手に輝いている。
    残留も視野に入れつつ、獲得に積極的なジャイアンツへの移籍の可能性が高いようだ。
    MLBへの移籍も伝えられるが、リスクを考えるとジャイアンツへの移籍を選択するのでは。

    そして、バファローズの谷。走攻守揃った万能型の外野手として、パを代表する選手だ。
    こちらも今季は不調だが、2001-2004に4年連続で打率3割を達成している好打者である。
    残留と、MLB移籍かの2択と伝えられているが、積極的に動いている球団は聞かない。
    また、MLBへ移籍するとしても、メジャー契約で獲得する球団は無いと思われる。
    しかし、特に今季の無気力なプレーぶりを見ると、移籍する方が良いのかもしれない。

    最後に、ドラゴンズの野口。ドラゴンズのエースとして、1999年にはリーグMVPに輝いた。
    しかしここ4、5年は不調が続き、昨年オフにはトレードも噂されていた。
    FAを行使する場合、ドラゴンズとしては引き留めない方針で、移籍が前提となるようだ。
    実績ある先発投手が欲しいジャイアンツ、先発投手の駒自体が足りないイーグルスの
    2球団が、主に獲得に動いていると言われている。


    城島を除けばいずれも、"実績はあるがリスクもある選手"であり、難しいところだ。
    今回は4人だが、個人的にはもっとこうした「FA市場」に多くの選手が出て欲しいと思う。
    なぜなら、そうすることで経営面と戦力面のやり繰り、選手の市場価値と競争、
    そうしたものが活性化し、流動化するからだ。

    例えば主力捕手がFAになり、様々な理由から残留(契約)も難しい球団があったとする。
    そうした場合、その戦力(主力捕手)の穴埋めには2つの手段がある。
    主力捕手の控えだった捕手を登用するか、FAで新たに捕手を獲得するか、である。
    前者は戦力的にはダウンとなるし、リスクも高い。ならば後者で、となるが、
    現在のNPBではそうした「選手市場」に出てくる選手自体が少ないのである。


    これは現状のFA制度が球団、選手双方に行使しづらいことに由来する。
    FAを行使した選手は前年の年俸が(最低でも)保証されるが、これが逆に移籍を妨げる。
    金銭より出場機会を、という選手がいても、FAでは獲りにくいのである。

    また、FA選手が移籍した場合、その選手を獲得した球団は、その選手の所属元球団へ、
    「補償」をする必要がある。1つは金銭補償で、その選手の前年の年俸の1.2倍の金額。
    もう1つは人的補償で、その選手の前年の0.8倍の金額と、28人のプロテクト以外の選手を1人。
    いずれも、FA選手を獲得する球団にとっては大きな出費となる。

    毎年50人を超える選手がFA権を行使する権利を持っているが、
    実際に行使されるのは数人、ということがそれを如実に表している。
    またファンにとっては、FA獲得=強奪というイメージが付きまとい、
    FAを行使して移籍する選手は「金の亡者」「裏切り者」のように思われてしまう。
    これでは、選手はFA権を行使するのは容易ではないだろう。


    (2)に続く
    スポンサーサイト

    【2005/10/20 21:45】 NPB-プロ野球 | TRACKBACK(1) | COMMENT(0) |

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    http://ringhio8.blog17.fc2.com/tb.php/75-86126cbb

    フリーエージェント

    NPBのサイトに10月19日にFAの公示がされていました。 今年FA権を取得した中で注目の選手は、城島(ソ)、豊田(西)、谷(オ)あたりでしょうか。 あと西口(西)は権利を持続しているんですね。残留という記事が出ていたので今年取得したの かと思っていました。 巨 はじめてのブログ【2005/10/22 13:58】



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。