COLONNA E SPORT
こちらは、野球とサッカーを中心とした様々なスポーツについての"スポーツ・コラム・カフェ"です。スポーツ好きな方もそうでない方も、ゆっくりとスポーツ談義は如何でしょうか?


PROFILE
ringhio8
  • Author:ringhio8
  • ringhio8←の由来
    私の好きなACミランのジェンナーロ・ガットゥーゾ選手のアダ名「ringhio(リンギオもしくはリーノ…猛犬の意)」と、彼の背番号8番からです。
    私自身は猛犬とはほど遠いですが…(^^;

    ※エントリーへのコメント、トラックバックは大歓迎ですが、エントリーの趣旨とは無関係のものやアダルト関連のものは削除致しますのでご了承下さい。

    ※相互リンクは大歓迎ですが、一言連絡あると有り難いです┏○))ペコリ
  • RSS1.0


  • CALENDER
    05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -


    RECENT ENTRIES
  • アジア・ウィンターリーグ開催へ(04/03)
  • 球数制限・連投制限導入と日程の改善を(04/01)
  • 【WBC】始めたことに意義あった大会-WBC総括-(03/25)
  • 【WBC】決勝は日本vsキューバに(03/20)
  • 【WBC】「誤審」を引きずるな(03/15)
  • 【WBC】2次リーグ展望-2組-(03/12)
  • 【WBC】2次リーグ展望-1組-(03/12)


  • RECENT COMMENTS
  • 今日もコレクト!(05/01)
  • ken(03/02)
  • ringhio8(02/14)
  • Bee(02/14)
  • ringhio8(02/07)
  • ringhio8(12/13)
  • めろこ(12/11)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 大学情報局:<% rtrackback_title>(10/03)
  • 話題のキーワード:<% rtrackback_title>(10/03)
  • インラインスケートのレス:<% rtrackback_title>(08/24)
  • さらの記録:<% rtrackback_title>(08/04)
  • 大学受験最新ガイド:<% rtrackback_title>(08/01)


  • ARCHIVES
  • 2006年04月 (2)
  • 2006年03月 (14)
  • 2006年02月 (27)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年12月 (4)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (28)
  • 2005年09月 (12)
  • 2005年08月 (30)
  • 2005年07月 (11)


  • CATEGORY
  • トリノ五輪 (24)
  • 野球全般 (22)
  • WBC-野球日本代表 (16)
  • NPB-プロ野球 (23)
  • 千葉ロッテマリーンズ (30)
  • サッカー全般 (3)
  • サッカー日本代表 (9)
  • Jリーグ (4)
  • ジェフユナイテッド千葉 (5)
  • 競馬 (6)
  • 未分類 (11)


  • LINKS
  • Blog di Rosso
  • Bocs Eira~雪の箱
  • JOSYO~サッカーに魅了された者たちへ~



  • ブログ(blog)ならFC2
    人気blogランキングへ
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

    【アジアシリーズ】千葉ロッテマリーンズが優勝で初代アジア王者に!
    ロッテが初代アジア王者
    http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/headlines/
    20051114-00000006-spnavi_ot-spo.html

    ボビー&ベニー優勝談話
    「KONAMI CUP アジアシリーズ2005」決勝戦
    http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/05season/
    asia/topics/kaiken/200511/at00006615.html


    “ボビーマジック”の真骨頂
    http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/05season/
    asia/topics/200511/at00006620.html

    大役果たしたサブマリンの胸中
    http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/05season/
    asia/topics/200511/at00006619.html



    すみません、アジアシリーズも連日エントリーする予定が書ききれず…。

    ひとまずアジアシリーズは日本代表の(千葉ロッテ)マリーンズが初代王者に。
    高いモチベーションで、レベル差から「勝って当然」と言われたシリーズを確実に4連勝で
    スウィープ(掃討=連戦を連勝した場合に用いる表現)したことは、評価すべきと思う。

    今年は初代交流戦王者、死闘とも言えるプレーオフを制しての31年ぶりのリーグ優勝、
    隙を見せない圧勝で日本一を勝ち取った日本シリーズと、まさにマリーンズの年だった。
    しかし、営業面での抜本的な改革やファンサービスはまだ始まったばかり、
    他球団も"お手本"にするところが増えてきており、これは好ましい傾向だと思う。


    韓国代表の(サムスン)ライオンズは決勝に的を絞った戦い方で金星を狙ったものの、
    先発投手が持ち堪えられなかった。決勝では13安打を放ちながら3得点と拙攻だった。
    細かいところでの野球の質の差、特に韓国はMLB志向が強いと言われており、
    力に頼った野球をしながらもパワー不足を露呈してしまった感がある。

    ただ、国内のリーグ戦では観客は増加傾向にあると言われ、今後も関心が高まって
    リーグ全体のレベルが上がれば、短期決戦においては日本に勝つ可能性も充分にある。
    MLB式のパワー志向に、日本の緻密な野球をミックスさせたいところだろう。
    個人的には、今季新人王を獲得したというクローザーの呉昇桓に良い印象を持った。


    (興農)ブルズは機動力などを活かしきれなかった。こちらも力不足は否めない。
    慣れないドーム球場の屋根や人工芝などの要因もあるだろうが、守備がお粗末だった。
    先発投手の出来次第の野球では、レベルが上の相手には勝てないだろう。
    ただ、マリーンズ戦のコールド自体をそれほど悪く思わない方がいいと思う。

    台湾はアマチュア選手の国外流出が顕著で、国内リーグのレベル低下が懸念されている。
    国内のリーグのレベルを維持すること、リーグ全体の経営レベルを押し上げること、
    この2つが重要になってくるだろう。"日本帰り"の指導者らに期待したい。
    今回のシリーズは不発だったが、張泰山はまだ進化できる強打者だと思った。


    チャイナスターズは中国リーグ選抜だったが、力の差は歴然としていた。
    しかし、まだプロリーグが発足して4年目ということを考慮すると、驚くレベルではある。
    北京五輪を見据えての国策レベルでの代表強化、リーグ強化に乗り出しており、
    あと3年で選手の質も、チーム全体の質も、まだまだ変わる可能性を秘めている。

    個々の選手もNPBのファームレベルに達していると思われる選手もいた。
    マリーンズ戦で1番・遊撃を守り2安打1盗塁した候鳳連、先発した長身の張力に、
    2番手投手で出てきた変則左腕の趙全勝らは、初見だったがそういう印象を受けた。
    バレンタイン監督や小宮山が言うように、歴史を重ねて強化に努めれば脅威となるだろう。


    初の試みとなった今回のアジアシリーズだが、概ね好意的な印象を受けた。
    「勝って当然」と言われる日本の野球界からすれば、あまりメリットが無い、
    などの意見もあるのは当然だろう。しかし、こうした国際大会を重ねていくことは、
    将来的な野球の普及や市場拡大を見据える上で重要なことだと思う。

    特に、MLBは世界的な戦略を進めていて、そういった経営戦略において立ち遅れた
    日本やアジア各国リーグがMLB麾下に吸収されずに生き延びるには、
    アジアにおいての市場をしっかり掴み、全体ではMLBに匹敵するほどのリーグに
    成長させることが重要になってくるし、それを目指すべきだと思う。

    もちろん、まだまだアジア内でもプロ野球70年の歴史を誇る日本に比べ、
    韓国でも25年、今回の4ヶ国以外にはプロリーグすら無く、代表チームでさえも
    フィリピンなどわずかな国であることを踏まえると、普及・発展は先が長いものになろう。
    しかし日本が率先してアジア各国の野球の普及・発展に努力することは、
    その各国のみならず日本のプロ野球においても、レベルの底上げと市場拡大に
    確実に繋がるはずである。今こそ、そうしたグローバルなビジョンが必要とされている。
    スポンサーサイト


    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    http://ringhio8.blog17.fc2.com/tb.php/92-e6ec2aef



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。