COLONNA E SPORT
こちらは、野球とサッカーを中心とした様々なスポーツについての"スポーツ・コラム・カフェ"です。スポーツ好きな方もそうでない方も、ゆっくりとスポーツ談義は如何でしょうか?


PROFILE
ringhio8
  • Author:ringhio8
  • ringhio8←の由来
    私の好きなACミランのジェンナーロ・ガットゥーゾ選手のアダ名「ringhio(リンギオもしくはリーノ…猛犬の意)」と、彼の背番号8番からです。
    私自身は猛犬とはほど遠いですが…(^^;

    ※エントリーへのコメント、トラックバックは大歓迎ですが、エントリーの趣旨とは無関係のものやアダルト関連のものは削除致しますのでご了承下さい。

    ※相互リンクは大歓迎ですが、一言連絡あると有り難いです┏○))ペコリ
  • RSS1.0


  • CALENDER
    07 | 2017/03 | 08
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    RECENT ENTRIES
  • アジア・ウィンターリーグ開催へ(04/03)
  • 球数制限・連投制限導入と日程の改善を(04/01)
  • 【WBC】始めたことに意義あった大会-WBC総括-(03/25)
  • 【WBC】決勝は日本vsキューバに(03/20)
  • 【WBC】「誤審」を引きずるな(03/15)
  • 【WBC】2次リーグ展望-2組-(03/12)
  • 【WBC】2次リーグ展望-1組-(03/12)


  • RECENT COMMENTS
  • 今日もコレクト!(05/01)
  • ken(03/02)
  • ringhio8(02/14)
  • Bee(02/14)
  • ringhio8(02/07)
  • ringhio8(12/13)
  • めろこ(12/11)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 大学情報局:<% rtrackback_title>(10/03)
  • 話題のキーワード:<% rtrackback_title>(10/03)
  • インラインスケートのレス:<% rtrackback_title>(08/24)
  • さらの記録:<% rtrackback_title>(08/04)
  • 大学受験最新ガイド:<% rtrackback_title>(08/01)


  • ARCHIVES
  • 2006年04月 (2)
  • 2006年03月 (14)
  • 2006年02月 (27)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年12月 (4)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (28)
  • 2005年09月 (12)
  • 2005年08月 (30)
  • 2005年07月 (11)


  • CATEGORY
  • トリノ五輪 (24)
  • 野球全般 (22)
  • WBC-野球日本代表 (16)
  • NPB-プロ野球 (23)
  • 千葉ロッテマリーンズ (30)
  • サッカー全般 (3)
  • サッカー日本代表 (9)
  • Jリーグ (4)
  • ジェフユナイテッド千葉 (5)
  • 競馬 (6)
  • 未分類 (11)


  • LINKS
  • Blog di Rosso
  • Bocs Eira~雪の箱
  • JOSYO~サッカーに魅了された者たちへ~



  • ブログ(blog)ならFC2
    人気blogランキングへ
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

    アルペン男子複合はリゲティが金-トリノ五輪5日目-
    男子複合を制したのは弱冠21歳のリゲティ

    男子複合を制したのは弱冠21歳のリゲティ

    リゲティ、逆転V=男子複合〔五輪アルペン〕(スポーツナビ)
    リゲティ、前半22位から大逆転〔五輪アルペン〕(スポーツナビ)
    ミラー、前半首位も後半失格〔五輪アルペン〕(スポーツナビ)


    アルペン競技は男子複合が行われた。
    これはスピード系の滑降と、技術系の回転をそれぞれを滑走(回転は2回)し
    合計タイムを競うもので、アルペン競技の総合力を問われる競技となる。

    優勝したのはアメリカのテッド・リゲティ。
    滑降は22位だったが、回転は1回目首位、2回目も2位で、大逆転優勝となった。
    2位はクロアチアのコステリッツ、3位がオーストリアのシェーンフェルダー。

    前回大会の銀メダリストで、滑降はダントツの首位だったアメリカのミラーは、
    回転の1回目で旗門不通過のミスを犯しまさかの失格となった。
    前回大会優勝のノルウェーのオーモットは棄権した。

    【2006/02/15 18:54】 トリノ五輪 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    距離団体スプリントは男女ともスウェーデンが制す-トリノ五輪5日目-
    男子距離団体スプリント、競り勝ったスウェーデン

    男子距離団体スプリント、競り勝ったスウェーデン

    距離団体スプリントとは〔五輪クロスカントリー〕(スポーツナビ)
    男子、悔やしい敗退=団体スプリント〔五輪クロスカントリー〕(スポーツナビ)
    女子が初の入賞=団体スプリント〔五輪クロスカントリー〕(スポーツナビ)
    スウェーデン、アベックV〔五輪クロスカントリー〕(スポーツナビ)


    今大会から採用された新種目の1つである、クロスカントリー団体スプリント。
    クラシカル走法で行われ、周回コースを2人の選手が交互に3回ずつ走る。
    順位の変動が激しく、スリリングなレースとなる。

    女子の優勝はスウェーデンで、ダールベリ・アンデション組。
    追いすがるカナダを0秒6差で振り切った。3位はフィンランド。
    日本の夏見・福田組は8位入賞で、この競技の団体種目では
    1972年札幌大会の9位を上回る成績となった。

    男子もスウェーデンが優勝。フレドリクソン・リンド組。
    こちらも2位ノルウェーに0秒6差と際どい勝負を制した。
    3位にロシア。日本の蛯沢・恩田組は予選落ちだった。

    【2006/02/15 18:42】 トリノ五輪 | TRACKBACK(1) | COMMENT(0) |

    その他の競技の結果-トリノ五輪4日目-
    素晴らしい演技を披露したトトミアニナ・マリニン組

    素晴らしい演技を披露したトトミアニナ・マリニン組

    田中が33位=バイアスロン女子(スポーツナビ)
    20歳原田が健闘=リュージュ女子(スポーツナビ)
    女子最年長五輪出場は幻に=52歳アバナシー、右手首骨折(スポーツナビ)
    4強決まる=女子アイスホッケー(スポーツナビ)
    トトミアニナ組が金メダル(スポーツナビ)
    1次リーグ始まる〔五輪カーリング〕(スポーツナビ


    4日目(13日)のその他競技の結果は以下の通り。

    女子バイアスロン15kmはロシアのスベトラーナ・イシムラトワが優勝。
    2位もロシアのプイレワで、3位はドイツのグラゴウが食い込んだ。
    日本の田中は33位、築館が56位、大高は70位だった。

    女子リュージュ1人乗りは1・2回戦が行われ、
    ドイツのジルケ・オットーが2回ともトップタイムをマークし首位に立っている。
    2位クラウスハール、3位ヒュフナーまで、ドイツ勢が上位を独占している。
    日本の原田は13位と健闘している。
    また、同種目にエントリーしていた52歳のアバナシー(バージン諸島)は
    出場すれば女子選手としては初の50代の出場であったが、
    前日の公式練習で右手首を骨折し、残念ながら欠場となった。

    また、女子アイスホッケーはA組のスイス、B組のフィンランドが勝利。
    これにより、アメリカ、カナダ、フィンランド、スウェーデンの4チームが、
    準決勝進出を決めている。

    フィギュアスケートの混合ペア・フリーは決勝が行われ、
    2位に大差を付けてロシアのトトミアニナ・マリニン組が優勝。
    ロシア勢はこの種目、12大会連続の金メダルとなった。
    2位は中国の張丹・張昊組、3位も中国の申雪・趙宏博組となった。
    元日本代表の井上怜奈は肺ガンを乗り越え、
    国籍を取得したアメリカ代表で出場、7位と健闘した。

    "氷上のチェス"と呼ばれるカーリングは男女とも1次リーグが始まり、
    男子はイギリス、スウェーデンが連勝スタート、地元イタリアは連敗。
    女子ではイギリス、ノルウェーなどが初戦を勝利で飾っている。

    【2006/02/14 23:50】 トリノ五輪 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    日本勢は失速、男子スピードスケート500m-トリノ五輪4日目-
    優勝が決まりガッツポーズのチーク

    優勝が決まりガッツポーズのチーク

    チーク、ただ1人の34秒台(スポーツナビ)
    及川の4位が最高、加藤は6位=スピードスケート男子500m(スポーツナビ) 
    日本勢、7大会ぶりにメダル逃す=男子500メートル(スポーツナビ)


    スピードスケート最速の男を決める、と言われる男子500m。
    計2回走り、合計のタイムで順位を決める。
    長野五輪金メダルの清水、そして現世界記録保持者の加藤と、
    日本のメダル獲得に大きな期待がかけられたが…。

    優勝したのは1回目・2回目ともにトップで、
    ただ一人34秒台をマークしたアメリカのジョーイ・チーク。
    2位はロシアのドロフェエフ、3位は韓国の李。

    日本勢では及川が0秒13差の4位に食い込む健闘を見せたが、
    加藤は6位、長島が13位、清水は18位に終わった。
    また、優勝候補最右翼と目され、W杯や世界スプリントで圧倒的な強さを誇る
    アメリカのウォザースプーンだが、"今回も"五輪には縁が無く9位に終わった。

    【2006/02/14 20:33】 トリノ五輪 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    女子ハーフパイプもアメリカ勢が圧勝-トリノ五輪4日目-
    優勝したティターの華麗なトリック

    優勝したティターの華麗なトリック

    ティター、家族へ贈る金メダル=米国勢の激戦制す(スポーツナビ)
    中島9位、山岡10位=ハーフパイプ女子(スポーツナビ)
    あっけなかった初の五輪=今井メロ、予選で転倒し万事休す(スポーツナビ)
    今井は腰椎ねんざ=JOC(スポーツナビ)


    スノーボードの女子ハーフパイプは、予選の1本目・2本目、そして決勝が行われた。

    日本勢では中島が1本目で5位に食い込んだが、決勝では伸びず10位。
    2本目で予選を通過した山岡、伏見はそれぞれ9位、12位だった。
    兄妹(兄は成田童夢)での出場で期待された今井メロは予選2本目で転倒。
    そのまま担架で病院へと運ばれた、腰椎ねんざと診断された。

    優勝は予選では3位だったアメリカのハナ・ティター。
    決勝の1回目で44.6の高得点をマークし、早々に金メダルを確定。
    まさに"演技"となった2回目ではそれを上回る46.4をマークする完勝だった。

    2位も同じくアメリカのブライラー、3位はノルウェーのブオースが食い込んだ。
    男子に引き続き、この競技の"先駆け"とも言えるアメリカが圧勝した。

    【2006/02/14 20:21】 トリノ五輪 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。